『軌跡 in the theater』 ドキュメンタリー劇場の音楽のジャケット写真

『軌跡 in the theater』 ドキュメンタリー劇場の音楽

本多俊之, 村井秀清, 和田貴史 & Minako "mooki" Obata

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

東海テレビドキュメンタリーのサウンドトラックより、劇場公開された作品の音楽と主題歌、計16曲の作品集。本多俊之、村井秀清、和田貴史、Minako"mooki"Obataの手による、珠玉の音楽は、映像製作者と音楽家の軌跡。CD『軌跡』『軌跡2』も絶賛発売中。http://shop.crescente.co.jp/

過去ランキング

『軌跡 in the theater』 ドキュメンタリー劇場の音楽

Apple Music • インストゥルメンタル トップアルバム • 香港 • 49位 • 2024年1月22日 Apple Music • インストゥルメンタル トップアルバム • スペイン • 117位 • 2024年2月14日 Apple Music • インストゥルメンタル トップアルバム • 中国 • 119位 • 2024年1月19日 Apple Music • インストゥルメンタル トップアルバム • 台湾 • 189位 • 2024年2月9日

平成ジレンマ#1

iTunes Store • インストゥルメンタル トップソング • ニュージーランド • 24位 • 2024年1月30日

人生フルーツ#1

iTunes Store • インストゥルメンタル トップソング • ニュージーランド • 23位 • 2024年1月30日

さよならテレビ#1

Apple Music • インストゥルメンタル トップソング • フィジー • 29位 • 2024年1月21日

アーティスト情報

  • 本多俊之

    サックス奏者、作・編曲家、プロデューサー、東京藝術大学客員教授。大学在学中の1978年に初リーダーアルバム「バーニング・ウェイブ」を発表。以来、内外の著名ミュージシャンと共演。日本を代表するサックス奏者である。特にソプラノ・サックスの音色の美しさには定評があり右に出る者はいない。作・編曲家としても、「マルサの女」(伊丹十三監督)や「メトロポリス」(りんたろう監督)等の映画を始め、TVドラマ、CM、映画、クラシック音楽まで多才ぶりは良く知られるところ。自身の最新作は、東京藝大スペシャルウィンドオーケストラとコラボした「GEIDAI PLAYS HONDA」(22)。クレッセント・レーベルでは、オリジナル・アルバム「SONGS OF THE MILKEYWAY」「SMILE!」とサウンドトラック「軌跡」「軌跡2」に参加している。

    アーティストページへ


    本多俊之の他のリリース
  • 村井秀清

    村井秀清 <shusei murai 作曲家、ピアニスト>大学卒業後、バークリー音楽院に留学。93年帰国後ピアノ・キーボード奏者として活動を開始、国内外の数多くのアーティストと共演。また、作曲家としても、CD・TV・CMなどで活躍中。クレッセント・レーベルでは、『In the air, In the water』『Home』『Step Forward』『Impressions』の4枚のソロ・アルバムと、「世界ふれあい街歩き」等のNHK-TV番組のテーマ曲・挿入曲集『Merged Images』シリーズ、サウンドトラック等をリリースしている。 http://shop.crescente.co.jp/

    アーティストページへ


    村井秀清の他のリリース
  • 和田貴史

    作・編曲、プロデュース。株式会社Dimension Cruise代表。最近では自身の音楽制作ユニットJohn Harmony’s Gardenとしても活動している。NHKスペシャル「巨大災害 MEGADISASTER」、アニメ「テラフォーマーズ・リベンジ」、「学園黙示録High School of the Dead」、「終わりのセラフ」、「七つの大罪」等。東海テレビドキュメンタリー作品は「さよならテレビ」(19)「大名古屋狂詩曲」(21)「その鼓動に耳をあてよ」(23)。クレッセント・レーベルでは、サウンドトラック「軌跡」「軌跡2」に参加している。http://shop.crescente.co.jp/

    アーティストページへ

  • Minako "mooki" Obata

    シンガー・ソングライター。大学在学中に作ったデモテ-プが、音楽関係者の耳に止まり、卒業後にプロ・デビュー。1995年ファーストアルバム「WE HAVE A DREAM」リリース。以降3枚のオリジナルアルバムを発表。ソロ活動のほか、作家として楽曲提供やコーラスとしてのツアーやレコーディングの参加、ヴォーカルディレクションやヴォーカルコーチとしての活動もおこなっている。映画「メトロポリス」(りんたろう監督)で主題歌を作詞・歌唱。「マイマイ新子と千年の魔法」(片渕須直監督)では音楽を担当。TVアニメ「ブラックラグーン」「カイバ」やNHK朝ドラ「つばさ」などにも楽曲提供している。東海テレビドキュメンタリー作品は「じゃがいもコロコロ」「じゃがいも大使」の音楽、「おかえり ただいま」主題歌「Home」作詞・作曲・歌唱。クレッセントレーベルでは、サウンドトラック「マイマイ新子と千年の魔法」「軌跡」「軌跡2」に参加している。 http://shop.crescente.co.jp/

    アーティストページへ

CRESCENTE