いちまいめのジャケット写真

歌詞

ブレーメンはゆく

なかの綾, ブレーメン

ブレーメンはゆく

一体どこに向かって 進むのか

わからないまま歩いて 行き止まり

そうだいっそ旅に出よう

本当は何を求めて 生きるのか

わからないから面白い 探そうか

そろそろ旅に出よう

いつかきっと分かるかな

グッとくる物が

空を連れて 出発しよう

風を頼りに あの山越えて

君もついて来るなら今のうち

雑居ビルの5階の いい女

誘ってみたけどくるかな こないかな

まぁいいや旅に出よう

いつかきっと見えるかな

グッとくる景色が

空を連れて 出発しよう

風を頼りに あの山越えて

君もついてくるなら 今のうち

いつかきっとできるかな

グッとくる歌が

空を連れて 出発しよう

風を頼りに あの山越えて

海を渡って 広がって行く

音を頼りに 街から街へ

君もついてくるなら今のうち急いで

ところでブレーメンてどこですか?

  • 作曲

    伊原広志

  • 作詞

    なかの綾

いちまいめのジャケット写真

なかの綾, ブレーメン の“ブレーメンはゆく”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

いちまいめ

なかの綾, ブレーメン

  • 1

    ラストダンスは私に (Cover)

    なかの綾, ブレーメン

  • 2

    寝コロコロカーノ

    なかの綾, ブレーメン

  • ⚫︎

    ブレーメンはゆく

    なかの綾, ブレーメン

  • 4

    待ち合わせ (Cover)

    なかの綾, ブレーメン

  • 5

    君に胸キュン (Cover)

    なかの綾, ブレーメン

  • 6

    君は天然色 (Cover)

    なかの綾, ブレーメン

  • 7

    レイジー・ボーンズ (Cover)

    なかの綾, ブレーメン

  • 8

    異邦人 (Cover)

    なかの綾, ブレーメン

  • 9

    なかの綾, ブレーメン

―新しい旅が始まるー
「ブレーメンへ行こう!音楽隊を作ろう!」というあの童話に着想を得て結成されたユニット“なかの綾とブレーメン”ついに船出!遊びに来たミュージシャンをステージに上げてそのまま一緒に演奏してしまうスタイルで、毎度ステキな化学反応を起こしているブレーメン。音の対話がひとつのうねりを作り足湯のようにじわじわ楽しくなってくると中毒者を増やしている。世代を超えて愛されるあの曲も、初めましてのあの曲も、クスッと笑ってホロリと泣ける一枚が完成!そう!これを聞けば「あなたも今日からブレーメン!」

過去プレイリストイン

ブレーメンはゆく

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年9月12日

アーティスト情報

  • なかの綾

    1985年5月7日生まれ。京都府出身。2010年 デビュー・アルバム『ずるいひと』をリリース。限定リリースした7インチ・シングルは各レコード・ショップのチャート1位を独占し、クラブシーンから絶大なる人気を得る。2013年6月「NHK歌謡コンサート」に出演。同年7月、ユニバーサル・シグマよりミニ・アルバム『へたなうそ』でメジャー・デビュー。2014年 2ndアルバム『わるいくせ』をリリース。ジャケットは大友克洋氏が手掛ける。2016年 3rdアルバム『エメラルド・イン・パラダイス』をリリース。最近ではプロデューサーにコモエスタ八重樫、武藤昭平(勝手にしやがれ)、SWING-Oを迎えシングルをリリースする。2018年6月には企画・監修に渡辺祐を迎え2年ぶりのアルバム『Double Game』をリリース。同年9月から自身初の全国バンドツアーを行い、キネマ倶楽部で行なったツアーファイナルはSold Outするなど好評を得る。 2019年4月に自身初のDVDを発売する。同年7月にはラテン・バンド”CENTRAL”とタッグを組んだアルバム『リバース』を発売。 同アルバムはミュージックマガジン「ベスト・アルバム2019」Jポップ/歌謡曲 部門で1位に選出された。 2021年1月にリリースされた、なかの綾とCENTRALとしての2枚目のアルバム『La Vida』は世界でも好評を得ている。 現在「なかの綾とブレーメン」としてアルバムを2枚リリースし、47都道府県ツアーを行っている。 アルバム収録曲「真夜中のドア」は世界中で好評を博している。 現在、FM ヨコハマにて毎週水曜日 24:00 からレギュラー番組「今夜もおきばりさん!」のメイン・パーソナリティーを 務める。

    アーティストページへ


    なかの綾の他のリリース
  • ブレーメン

    グリム童話の「ブレーメンの音楽隊」に着想を得て2018年頃から始まった人数無制限ユニット。 「あなたも今日からブレーメン!」を合言葉に、楽器をもってふらりと立ち寄ってくれたミュージシャンを文字通り"そのまま"ステージに上げて仲間にしてしまう。 "音色がもう大阪弁!"なアニキのギター、 錚々たる大御所の歌手から熱いラブコールを受けるトランペットにパーカッションと、"鋼の草鞋を二足"履く西岡ヒデローを始め、"その日たまたまあいている"一流ミュージシャンが参加し、なかの綾の得意とする歌謡曲、また国内外の楽曲がその場でどんどんアレンジされて行く様は遠赤外線のように見る者の深部体温をあげる。

    アーティストページへ


    ブレーメンの他のリリース

Music O.A.K.

"