イメージを

  1. イメージを

沖縄に移住しYouTubeにてVLOGを発表しながら会社員として働いている
生まれは東京、新宿にて育ち、幼少からピアノを習っていた事もあり音楽が好きな小学生だった
途中、不登校になり中学は一度も行かなかった。
そんな彼を支えたのがロックやポップスだった、ギターを弾くようになってMTRやシンセサイザーを駆使し作曲をするようになる
17歳の頃からライブハウスに出入りするようになり、20代でCDデビューをしたが、鳴かず飛ばずに終わる
その後web制作の会社起業したがうまくいかず休眠、音楽活動を続けながら発信活動をしています

なるかわくろ

朝起きると「今日も始まるんだ」と絶望の様な思いが体から込み上げてくる 6畳間の自室、敷きっぱなしの布団からスマホを探しロックを解除する どうでもいいニュースと自分を重ねながら、先の見えない未来を怖がってた ある日たまたま書店に置いてあったデタラメな漫才師の本を手に取り パラパラめくるうちに 「僕はいったい何をやっていたんだ」「まだ、なんにもチャレンジしてないじゃないか」「やってみたのか?」「すべて試したのか?」「足掻きもがいたのか?」 「どうせだめだ」とか「やる意味なんかない」そんな言葉ばかりの狭いプールで僕はただ ただ 浮かんでいた 夢を諦める事に何の疑問も持たなくなり、 折り合いの付け方ばかり覚えてしまった 「まだ、終わってないんだ!」 検索すれば正しい答えが返ってきて ノウハウやマニュアルを取り入れる事で満足できてしまう 自然にそれをやっている自分が嫌になり 不要不急の生活 ニューノーマル に馴染んでいる自分 「もっと、もっと、不器用で不安定な僕を認めたい」 僕はイメージしたい 頭の中で 思いを 描き やってみる 小さな成功積み上げ 階段を上るようにチャレンジしていく 「イメージを」という曲はそんな人に寄り添う音楽です…. 僕らはいつでも 自由さ 沖縄に移住し会社員をしながら、YouTubeにて沖縄移住VLOGを発表しています。 東京生まれ、幼少の頃からピアノを習い中学生の時ギターと出会い、MTRやシンセサイザーを使って音楽制作を始める、20代の頃にはバンドを結成しCDの全国発売するも、鳴かず飛ばず、その後も会社を起業したり色々とチャレンジしながら今に至る

アーティストページへ