夜明けに咲くのジャケット写真

歌詞

はなうた

亜美

目覚める朝

重い身体を持ち上げ手を伸ばす こんな時間

電車に揺られ改札抜けたら続く

長い長い坂道

この丘にある いつも響いてる

あの曲もその声も きみがくれたものすべて

きっとそれは ずっと変わっていくこの世で

ひとつだけ確かなもの 愛おしき日々

見上げればすっと線を引く飛行機雲みたいに

遠く続く明日

イメージしながら さあ進もう

古びた部屋 見慣れた河原

高架線の下 いつもの店

緑の中を揺れてる黒いパーカは そう

夕日に似たオレンジ

鼻歌にほら、声が重なる

当たり前に笑いあえた 帰り道思い出して

きっとそれは ふっと消えてくような夜中に

一人悩み抜いたこと 啀み合う日々

すべてが今の自分をちゃんと強くするから

嫌いになるくらい好きになれたんだ

ありがとう

この丘にある いつも響いてる

あの曲もその声も きみがくれたものすべて

そっとため息 泣きたいような時には

思いきり泣いて吐ききって

あとは自然に吸えるでしょう

すっと深呼吸 好きなペースで歩こう

ここが始発駅だ イメージしながら、さあ

口ずさみながら歩こう

歩こう

  • 作曲

    亜美

  • 作詞

    亜美

夜明けに咲くのジャケット写真

亜美 の“はなうた”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

シンガーソングライター 亜美の1stフルアルバムです。

■収録曲■
1.熱に乗っていけ
2.スピカ
3.灯
4.ペトリコール
5.はなうた
6.ライカ
7.シンガロン
8.月に踊れ
9.sour
10.You'll be alright

アーティスト情報

Satonics music

"