夜明けに咲くのジャケット写真

歌詞

sour

亜美

足元に転がる名もなき果実を

この世で一番と云うから試してみる

貴方を見失ってからはどうやら

重力が増したようで コンパスもおかしくなった

甘いとこだけ おいしいとこだけ

齧りつづけて残ったのは いびつな愛の形

熟して落ちてきたそれじゃなくて

自分から採りにいかなくちゃ

本当の醍醐味は分からないもんかなあ

空の青さに目が眩んで今はまだ見えない

膝を抱え睨んでみても 意味ないほどのブルーに染まる

跳ぶことを諦めたあのキツネは

振り返る事もなく何を思うんだろう

甘いとこだけ おいしいとこだけ

選り好んでわかんなくなる 今手にしてるこれは何?

どうせ酸っぱいさ、と鼻で笑って理由をつけて見ないふりした

背伸びしてみたところで届かないのが嫌で

あれもこれもと手を伸ばしてる違うあの子の生き様を

横目に見てため息つく

自分の不器用さを呪いながら

まだ見ぬその実の渋いとこも苦さもまるごと愛してみよう

本当の醍醐味はそれぞれにあるはずだ

空の青さに目がくらんで 今はよく見えない

でも旬が巡るその時には

ちょっとだけ背伸びしてみようかな

  • 作曲

    亜美

  • 作詞

    亜美

夜明けに咲くのジャケット写真

亜美 の“sour”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

シンガーソングライター 亜美の1stフルアルバムです。

■収録曲■
1.熱に乗っていけ
2.スピカ
3.灯
4.ペトリコール
5.はなうた
6.ライカ
7.シンガロン
8.月に踊れ
9.sour
10.You'll be alright

アーティスト情報

Satonics music

"