トラックリスト

  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

平松愛理の2年ぶりのシングルリリースが決定した。 本年6月より本作を皮切りに、8ヶ月連続でシングルリ リースの配信を行う。今回の作品「BLUE MOON」が配 信シングルとしては初のリリースとなる。 本楽曲は全世界がコロナウイルスの拡大に苦しむ2020年、 平松自身がBlue Moon(満月)に導かれ、癒され、涙し た想いを歌詞に込めて完成した楽曲。 ライブで数回披露したところ、「是非音源化してほし い」とのファンの声が多数届き、それに答える形でリ リースが決まった。 部屋に一人閉じこもり逆境に挫けそうになる気持ちと、 意識を外の世界に向けて「大丈夫」と奮い立たせる気持 ち、二面性を歌った本楽曲は、世代を問わず受け入れら れる内容になっている。

アーティスト情報

  • 平松愛理

    出生地:兵庫県神戸市 1989年2月21日、アルバム『TREASURE』、シングル『青春のアルバム』でデビュー。 1992年、シングル『部屋とYシャツと私』がミリオンセラーとなり、 日本レコード大賞作詞賞などを受賞。平成のブライダルソングとして 今もなお歌い継がれている。 1993年、シングル『マイセレナーデ』『もう笑うしかない』『Single is Best!?』をリリースし、 働く女性や何気ない日常の心理描写が多くの共感を得る。 また、同年発表のアルバム『Single is Best』がミリオンセラーとなり、第24回日本歌謡 大賞放送音楽プロデューサー連盟賞などを受賞。作家として数多くのアーティストに 楽曲提供や執筆も行っている。著書に『部屋とYシャツと「私の真実」』(集英社be文庫)、 『しあわせになろうよ』(PHP研究所)などがある。 1995年、「がんばろや We love KOBE」キャンペーンソング 『美し都 ~がんばろや We love KOBE~』(作詞:阿久悠/作曲:平松愛理) を発表し、 同年より阪神淡路大震災復興支援を始め、平松愛理主催のライブイベント 「KOBE MEETING」を神戸にて毎年1月17日に開催。 その復興支援活動が認められ、2004年11月には日本・ベトナム観光文化祭での 日本代表としてベトナムでライブを行い、2005年4月には神戸大使に委嘱される。 2008年、 新しい形のライブ「SLOW ROOM」を開始。 2009年、20周年YEARとして、3月3日の誕生日に「20th Anniversary ~20年目の手紙~」を赤坂ブリッツにて開催。 2010年2月21日、デビュー21年目の記念日に、思い出の大切な場所 “神戸・須磨海岸” でメモリアルライブを開催。4月18日、文化放送スペ シャル「にいちゃんのランドセル・悲しい記憶・やさしい気持ち」で初の朗読番組に挑戦し、平成22年日本民間放送連盟賞ラジオ報道番組優 秀賞を受賞。5月、第64回神戸新聞文化賞を受賞。5月30日、神戸スカイマークスタジアムで行われたオリックス×ヤクルト戦「がんばろう KOBEデー」にて『美し都』、国家斉唱を行う。神戸新聞にて「随想」(2011年1月12日~2011年4月18日 計7回) を連載。 2011年7月25日に宮城県県亘理郡山元町を拠点に「花サカスプロジェクト」を発足。(詳しくは KOBE MEETING ページにて。) 2013年、「ネスカフェ」のCMソング『La La, Smile』を書き下ろし、10月からOn Air スタート。 2014年、10月に同曲が収録されたアルバム『La La, Smile』をリリース。 2015年、デビュー 25周年コンサートツアー、NESCAFE presents 『平松だー!サンクスパーティー♪』を東京・大阪・名古屋で開催。翌年、初の ライブDVD『平松愛理 25th Anniversary Live ~平松だー!サンクスパーティー♪~』をリリース。新曲制作や「SLOW ROOM」ライブを中心に、 新しい挑戦もしていくなど精力的に活動を続ける中、10月からラジオDJとしてFM OH!(FM OSAKA)とTOKYO FMにて「CHEER UP! MORNING」が スタート。 2019年、平成元年デビューで30周年を迎えた平松愛理が、令和元年にあたり平成の大ヒット曲『部屋とYシャツと私』の“続編”を書き下ろす。 デビュー30周年記念シングル『部屋とYシャツと私~あれから~』は8月28日リリース。 2020年、震災から25年をもって 阪神淡路大震災復興支援ライブ 1.17 KOBE MEETING を幕を閉じ、1999年から支援してきた「あしなが育英 会」と神戸市から、長年の活動に対する感謝状が贈られる。その後、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により音楽活動の縮小が余儀なくされ、5月にファンと集う場所としてYouTube「平松愛理 Channel *SLOWROOM*」を開設。同年末には3年ぶりの「SLOW ROOM」、11月 「SLOW ROOM 〜今夜伝えたいうた〜」、12月「SLOW ROOM 〜Xmas うたの贈り物〜」と2ヶ月連続開催。 近年は、平松愛理オフィシャルYouTubeチャンネル*SLOW ROOM*にて精力的に配信を行っている。

    アーティストページへ

ひらまつ堂