絵本のようなのジャケット写真

歌詞

絵本のような

RuLu

過ぎゆく街 乾く唇 ゆるやかに染めてゆく

艶やかな色 束の間の心音 照らす月明かりと影法師

雨は直に強まり 明日の朝 雪になるって

街は明かりが灯り 君に似合う色になる

冷めたコーヒーを持って 濡れた歩道に立って

大げさに腕を取る

触れた頬に咲かせる淡雪 声にならない想いだけ

不確かなようで 熱をもって 溢れてく 白息みたいで

落ちた花火 色付く凩 流れ込んで満ちてく月

雫は溶け消える 夜明けを報せるように

木々は華をつけてく 傘は要らない粉雪

積もる想いは君を待つ間の名残 寡黙に揺れてる

雨は直に強まり 明日の朝 雪になるって

街は明かりが灯り 君に似合う色になる

不意に白を纏って まるで絵本のようで

心ごとさらわれた

触れた頬に咲かせる淡雪 声にならない想いだけ

不確かなようで 熱をもって 溢れてく 白息みたいで

落ちた花火 色付く凩 流れ込んで満ちてく月

雫は溶け消える 夜明けを報せるように

  • 作曲

    RuLu

  • 作詞

    RuLu

絵本のようなのジャケット写真

RuLu の“絵本のような”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

"