ペンギンラプソディのジャケット写真

歌詞

ペンギンラプソディ

ささじ かおり

空を飛ぶのはやめました

海に飛び込みたすかって

ぼくらのいのちはつながった

それでそれでいい

空はとっても混みすぎて

体はとっても重すぎて

自分の出番はありません

自分の力も出せません

空がだめならあきらめよう

ペタペタ歩いてあきらめよう

自分の海を探しちゃおう

ペンギンラプソディ

親戚一同飛べません

それでも鳥と呼ばれます

今では海を飛んでます

だから幸せです

泳ぎの勉強やめません

海を飛ぶのが楽しくて

空を飛ぶのは鳥たちです

いわゆる鳥に任せます

だけどみんな寝静まった頃

氷の山から飛んでみた

憧れの空へ大空へ

羽ばたく 羽ばたけるような気がして

背中からダイブして大空見上げたら

月がこっちを見て笑った

色即是空 あきらめよう

空即是色 あきらめよう

自分の海を探しちゃおう

ペンギンラプソディ

空がだめならあきらめよう

ペタペタ歩いてあきらめよう

自分の海を探しちゃおう

ペンギンラプソディ

空がだめならあきらめよう

ペタペタ歩いてあきらめよう

自分の海を探しちゃおう

ペンギンラプソディ

  • 作曲

    ささじ かおり

  • 作詞

    ささじ かおり

ペンギンラプソディのジャケット写真

ささじ かおり の“ペンギンラプソディ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    ペンギンラプソディ

    ささじ かおり

「ペタペタ歩いてあきらめよう!」を合言葉に、空を飛ぶことをやめたペンギンの物語。

アーティスト情報

  • ささじ かおり

    神奈川県生まれ。上智大学卒業。5歳からピアノを始め、音楽に親しむ。学生時代に沖縄音楽に出会い、強い音楽的な影響を受け、その後に沖縄民謡と三線で唄の心を学ぶ。三線では沖縄で行われた「第31回二見情話大会」にて最優秀賞受賞。 現在、作詞、作曲、編曲を自ら手がけ、子どもから大人まで口ずさめるような愉快な楽曲を制作している。シングル「ハシビロコウ」「バイバイコロナ」を各種配信サイトにてリリース。

    アーティストページへ

"