あいの色のジャケット写真

歌詞

あいの色

細井タカフミ

面白い形で 胸の中の

凹凸がちょうど重なり

お互い許せることも増えてって

球体のようになって

ここから 歩き始めよう

二人の 道が見える

こころはいつでも

繋がってます

どんなに 遠く離れていても

紛れもなく これは恋じゃない

折り重なる夕日の色みたい

本当に君を あいしてます

この先に何があろうとも

君の身体を強く抱き寄せ

守るから

誰の為でもなく 自分の為に

生きようと思えた時に

それ以上の強さで存在した想い

君の側にいたいんだ

ここまで 歩いた道のりも

出会って 解っていったよ

こころはいつでも通い合ってます

どんなに季節が巡ろうと

目覚めの朝 光と共に

花笑って大きく手を広げ

太陽に誓う あいしてます

この先に何があろうとも

君の身体を強く抱きしめ

守るから

横殴りの風吹き

耳の奥囁いて惑わすけど

一面いっぱいに広がり

咲き誇る日光黄菅が揺れて

乗り越えられる 二人なら

こころはいつでも 繋がってます

どんなに遠く離れていても

紛れもなくこれは恋じゃない

折り重なる夕日の色みたい

本当に君を あいしてます

この先に何があろうとも

君の身体を強く抱き寄せ

守るから

  • 作曲

    細井タカフミ

  • 作詞

    細井タカフミ

あいの色のジャケット写真

細井タカフミ の“あいの色”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    あいの色

    細井タカフミ

新曲「あいの色」について                   僕にとっての「あいの色」は君と肩を並べて見る夕陽の色だな。
ただそれだけのお話。

アーティスト情報

  • 細井タカフミ

    細井タカフミ  シンガーソングラーター、音楽家。 幼少期に弾いていたバイオリンの影響で、音楽を始める。 映像の音楽音響制作の仕事を経て、オーディションで最終選考に残ったことやゴスペラーズ「ひとり」を演芸大会で歌ったことをきっかけに、シンガーソングライターとして本格的に始動。 2017年KSMB決勝進出。2018年に楽曲「願い」がネクストリボン特別賞受賞。 2021年ゴスペラーズ「風が聴こえる」作詞作曲者。(2/5リリース) 都内、川崎、横浜などでライブ、音源制作を行っている。 唯一、といえる高音域の声と、どこか懐かしい波音のようなメロディーが心に響く。

    アーティストページへ

Runchestral music

"