トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

2009年にリリースされた楽曲、ARAREの「どうだい兄弟」を同世代のレゲエアーティスト達が集結し他にはないリミックスが完成!
往年の名盤となったCherry Oh Babyを大胆にリメイクしたトラックに合計6人からなるマイクリレーは必聴!

過去ランキング

どうだい兄弟

iTunes Store • レゲエ トップソング • 日本 • 1位 • 2023年3月31日 Apple Music • レゲエ トップソング • 日本 • 172位 • 2023年4月1日

過去プレイリストイン

どうだい兄弟

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2023年3月31日

アーティスト情報

  • ARARE

    アーティストページへ

  • NASU

    博多のLOCAL HERO、発想豊かなリリックと等身大で歌う福岡を代表する DEEJAY(歌い手)。巧妙なフリースタイルを得意とし、独特な世界観を放つLIVEで現場 を沸かしている。またDEEJAY CLASH・BATTLE優勝の経歴を持つ実力派。 地元の兄弟分と完成させたK-TOWN SOUND SYSTEM(移動式大型スピーカー)も完成 し、独自の音楽への熱は冷める事ない。 ラバダブで鍛え上げたスキルを武器にMUD FLAVOR MUSIC(泥臭音楽)はStill突貫工事 中。

    アーティストページへ

  • NATURAL WEAPON

    地元大阪を中心に20年近くものキャリアを重ねた、日本を代表する実力派のレゲエ・ディ ージェイ。 全国屈指のレゲエ・タウンである大阪・泉州に生まれ育ち、’03年に若干18歳 でMIC握り始める。’04年に初めてジャマイカに訪れ、本場のレゲエに衝撃を受け本格始 動。するとすぐさまその才能を開花させ、 “GHETTO PRINCE” の異名と共に期待の若手 アーティストとしてシーンの注目を集めだした。 ‘06年頃より全国のレーベルからリリー スを重ね、’08年には自身初となるフル・アルバム『GHETTO PRINCE』をリリース。リ リースツアー『21 bullet』と題し、全国ツアーを敢行。’10年には2ndアルバム 『WHO COME!?』をリリースすると共に、自身のさらなるスキルアップを求めてジャ マイカでの長期修行の道を選ぶ。現地では首都キングストンのゲットー、シービューガー デンにて、時同じくしてジャマイカに身を置き長期修行を行なっていた盟友、CHEHONと 共にレギュラーダンスを主催するなど精力的に活動。帰国後の'12年には3rdアルバムとな る『JUST REACH』、’15年には4thアルバム『Di NATURAL』を発表するなどコンスタ ントにリリースを重ねる。’17年、カエルスタジオに加入し、RED SPIDERの47都道府県 ツアーに同行。’19年に全曲RED SPIDERプロデュースのミニ・アルバム「WEAPON GO」を発表。 馬鹿正直なほどまっすぐなリリックと、時には鋭く、時に甘いフローを持 ち味に、ダンスホールからワンドロップまでオールマイティに歌い上げるスキルは超一級 品。また一曲の中で物語の豊かに描写するライティング能力にも定評があり、客演アーテ ィストとしての活躍もよく知られる。特にTAK-Zとの「祭りのあと」、「あとの祭り」の 2曲は’10年代のレゲエ・シーンを代表するラブソングとして語り継がれている。また’20 年にRED SPIDERと共に制作した楽曲「家族」は親子の心情と情景を等身大に描き、今も 多くのファンの心を掴んで離さない。 いわゆる正統派のレゲエ・ディージェイとして、シ ーンへの登場以来、数々のアーティストの手本になる存在として活躍を続け、APOLLOや 775を始め、その影響を公言する者は今も後を絶たない。

    アーティストページへ

  • RAY

    全国各地で精力的に活動する、大阪堺出身のレゲエ・シンガーRAY。 YouTubeの再生回数が720万回を 越える代表曲「やってもないのに」 1st ALBUM「ポガティ ブ」 オリコン・インディーズ・アルバムチャート2位を獲得。 Victor Entertainmentよりメジャーデビュー第一弾シングル『アイライフ』が、レゲエ ZIONの2017年の年間レゲエランキングで1位。 メジャーデビューアルバム『レイシング』を満を持してリリース。iTunesの総合ランキン グで6位を記録。 全国で上映された映画「癒しのこころみ」の主題歌『癒し』や、 幼少期の頃、憧れていたシンガーソングデュオ19の『卒業の歌、友達の歌。』 のカバー曲を収録した 3rdアルバム『オーバーレイ』をリリース。 2021年にはRED SPIDER、シンゴ★西成を客演に迎えたE.P『BE READY』をリリー ス。 マイクを握った瞬間に放たれる圧倒的な声量とハーモニカやギターも奏でるスタイルで 数々のクラブやフェス現場を沸かすLIVEパフォーマンスは必見。2023年現在ではHIP HOPシーンのMCバトルにも勢力的に参加し多岐にわたり活動を広げている。

    アーティストページへ

  • LEF-T

    2017年REALIZE INTERNATIONALのTEKと共に RAFUUを結成し突如音楽活動を再開。 1st album “MUZEUM” EP “REMEMBA” などをリリース。 北海道札幌市を拠点に様々な現場で活動中。

    アーティストページへ

  • J-REXXX

    "あの"J-REXXX。 彼のパフォーマンスを体感した事がある方なら ご理解いただけると思う。 "あの"J-REXXXである。 岡山県津山市に生まれた彼は ラバダブという歌い手同士が切磋琢磨する レゲエ特有の文化の中でスクスク育ち 幾多のタイトルを獲得し今では レゲエフェスにはなくてはならない存在に。 時にストレートなメッセージ 時にびっくり人間級の早口スキルを武器に 全国各地の老若男女を盛り上げ続け 時に真面目な大人に怒られながらも成長し 昨今では自身のバンドを率いて京都大作戦2019を 興奮の渦に飲み込み関連サイトの投票でベストアクトに。 またHIPHOPやROCKなどのジャンルでも存在感は抜群だ。 そしてリリースした作品達は... ここまで書いてきて野暮なことを してしまったとようやく気づいた。 "あの"J-REXXXである。 ここまで読んで彼に興味がわかなくても 数年後か数ヶ月後か数週間後かに思い出すはず。 そう"あの"J-REXXXである。

    アーティストページへ

CAN music