SLAY

  1. SLAY

ブラックミュージックを基調に変幻自在に進化を続ける2人の女性アーティスト、AKANEとDORA a.k.a Queen Dによるコラボレーション曲「SLAY」。

クセになるループビートに乗り、クールにタフに世の中を歩き進んでゆく全ての女性に贈るオルタナティヴな1曲。

Akane

ダンスホール・レゲエシーンを先駆するフィメール・シンガー。 日本語、英語、パトワ語を巧みに使い、硬軟をあわせもつ歌声と表現でオリジナルなシンガースタイルを確立した実力派。 それまでの足跡を含めた1stオリジナルアルバム「Expression」をリリース後、翌年には多彩なリディムにのって、様々な角度からダンスホールの魅力をストレートに提示した2ndアルバム「STRAIGHTER」をリリース。全国ツアーや自身初となるワンマンライブも成功させた。 その活動は日本だけに留まらずジャマイカのIrie FMやZip FMを始め、海外のラジオ等でもOn Airされ、話題となった”Hold me feat. BUSY SIGNAL”を発表。その勢いのまま3rdアルバム「D」をリリース。2012年からは所属していたBUSH HUNTER MUSICを離れ、天才DEEJAY=RUDEBWOY FACE率いるMAGNUM RECORDSに移籍し、遂に2013年本格始動!! 2018年にはMagnum Records×PUSHIMでの全国ツアーを成功させ、他ジャンルアーティストとのコラボレーション曲で注目される等、ブラックミュージックを基調とし、また新たなフィールドに立った。

アーティストページへ

DORA a.k.a Queen D

日本のジャマイカ、オキナワで生を受け、 聴くものすべてのココロを動かす天性の歌声を授かった彼女は幼少期からシンガーになることを決意。 その後、活動の拠点を関西に移し、アンダーグラウンドシーンから絶大な支持を受ける。 2016年には日本のレゲエシーンにおいて歴史のあるBob Marley Songs Day コンテストにて優勝を果たし、初のJamaica ・NYへ渡りレコーディング。 2018年には” Sweet Mama Island” を加えた両A面のレコードをリリースし音楽ファンを魅了した。 また自身の作品のみならず、国内外問わず数々のアーティストの客演、コーラスを務め、日本のレゲエシーンにおいて最重要シンガーの一人である。

MAGNUM RECORDS