GONGのジャケット写真

歌詞

ドゥ・メゾン・ド

塩澤 有輔

カーテンの隙間から 白い光が寝ぼけた顔覗いて

あくび交じりの深呼吸ひとつ アバウトな距離感で目覚まし探すけど

ハッと気づいて慌てふためいて フッと気づく休みだったりして

そんな毎日を過ごしてる

少し出かけよう 近くの川辺でも

片手にコーヒー下げて 鼻歌うたいながら

見慣れた景色を横切る蝶を 何気に目で追いかけて

まぶしさに手をかざして 見上げた空は晴れわたる

人にはそれぞれに与えられた力があるけれど

一体 自分には何ができるのか 時々わからなくなることがあるけど

立ち止まって考えるよりも パッとやって転んだ方がいい

目の前のドア開けて

少し出かけよう 気持ち胸を張って

心地良いくらいの風 肌に受けながら

ほんの少しの勇気 ほんの少しのプライド 積み重ねたら

雨の日でも雪の日でも いつも心は晴れわたる

ドンと出かけよう 見たこともない場所へ

何処へだって行ける 息を弾ませて行こう

ほんの少しの勇気 ほんの少しのプライド 積み重ねたら

どんなに苦しい時でも いつも心は晴れわたる

  • 作曲

    塩澤 有輔

  • 作詞

    塩澤 有輔

GONGのジャケット写真

塩澤 有輔 の“ドゥ・メゾン・ド”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

前作「ONE DAY」から約3年ぶりのリリースとなるピアノ弾き語りオリジナルアルバムが完成!
自身が歌唱での公式応援を務めている、プロ野球独立リーグ BCリーグ 信濃グランセローズに向けて新たに書き下ろした「GRAND NINE」、ライヴでも人気の高い「負け犬」や「ドゥ・メゾン・ド」、
タイトルナンバー「ゴングを鳴らせ」など、全10曲を収録した本作では、ミキシング&マスタリングエンジニア兼サウンドアドバイザーとして、これまで日本の音楽シーンに残る名曲を数多く手がけられてきたエンジニア、サウンドプロデューサーの山下有次氏を迎えた渾身の一枚です。

アーティスト情報

ninety-eight music records

"