愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

歌詞

愚かで愛しいこの世界

ありんこ

戦火の町では

少年が銃弾に貫かれた

遠い村では産声高く

赤子の声が響く

平等なんて誰も信じてはいない

絶望と希望の繰り返し

嗚呼 護り給え

繰り返される過ちの連鎖から

嗚呼 救い給え

支払われ続けていく命たちを

隣の町では欲望の為

少女が引き裂かれた

何処かの家では

母親が娘の無事を願う

平等なんて誰も信じてはいない

絶望と希望の繰り返し

嗚呼 護り給え

繰り返される過ちの連鎖から

嗚呼 救い給え

支払われ続けていく命たちを

何処かの国では

祈る僧侶の頭が打ちぬかれた

世界の国では

汗流しメダルを奪い合う

平等なんて誰も信じてはいない

絶望と希望の繰り返し

嗚呼 護り給え

繰り返される過ちの連鎖から

嗚呼 救い給え

支払われ続けていく命たちを

どれだけ裏切られても

信じて生きたい

愚かで愛しいこの世界

嗚呼 護り給え

繰り返される過ちの連鎖から

嗚呼 救い給え

支払われ続けていく命たち

嗚呼 護り給え

嗚呼 救い給え

  • 作曲

    ありんこ

  • 作詞

    ありんこ

愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

ありんこ の“愚かで愛しいこの世界”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ありんこ

    オリジナル曲を中心に演奏。 ゴスペル、ソウル、フォークを下敷きに、昭和歌謡のテイストをブレンドしたバリエーション豊かな楽曲で高い評価を受ける。

    アーティストページへ

"