愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

歌詞

walking in the rainy day

ありんこ

出会った時から

どれだけ時が経ったろう

Walking in the rainy day

名前で呼ばなくなったのは

何時からだろう

Walking in the sunny day

振り返ればいつも二人で

憎まれ口叩き合いつつ

長い距離を歩いてきた

増えたしわと白髪の数だけ重ねたね

Walking in the rainy day

お互い歩みも遅くなってきたけれど

Walking in the sunny day

空気のように当たり前だった

君は幸せだったのかな

問いかけても答えはない

最後の刻には声も出せない君が

Talking the better day

何かを言おうと唇震わせてたよ

Talking the happy day

眠るように横たわる姿は

今にも目覚めていつもどおり

笑いかけてくれそうなのに

独りで歩く道の中で感じるのは

Walking in the rainy day

世界中は君で溢れているということ

Walking in the sunny day

いつか君とまた会える時まで

答え探し続けていくことが

今はとても楽しいんだ

もう少しで会えるだろう

この道を歩いて行けば

  • 作曲

    ありんこ

  • 作詞

    ありんこ

愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

ありんこ の“walking in the rainy day”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ありんこ

    オリジナル曲を中心に演奏。 ゴスペル、ソウル、フォークを下敷きに、昭和歌謡のテイストをブレンドしたバリエーション豊かな楽曲で高い評価を受ける。

    アーティストページへ

"