愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

歌詞

ありんこ

ご飯はちゃんと食べているか?と

顔を見れば一番に

そう問いかけてきた

しわの服着ちゃ馬鹿にされると

僕のシャツを伸ばしてくれた

当たり前のように

あなたから枝分かれた

子供達が歩いていく

振り向かずに進む背中を見送る

寂しさ喜び包み込んで

寝物語をいつもせがんだ

怖い話 楽しい話

いつしか忘れてしまう

それでも僕の十八番はいつも

あなたの語った昔々の怖いお話

あなたから枝分かれた

子供達が歩いていく

振り向かずに進む背中を見送る

寂しさ喜び包み込んで

体に管を付けた姿で

眠るあなたを見ているうちに

ざわつくこの胸の奥

まだ何一つ伝えていない

いつでも会えると信じていた

話せると思っていた

あなたから枝分かれた

子供達が歩いていく

振り向かずに進む背中を見送る

寂しさ喜び包み込んで

この地球のとても小さな

島国のまた小さな村の

少女から紡がれた物語が

無限に広がり続けていく

ありがとう

ありがとう

  • 作曲

    ありんこ

  • 作詞

    ありんこ

愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

ありんこ の“枝”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ありんこ

    オリジナル曲を中心に演奏。 ゴスペル、ソウル、フォークを下敷きに、昭和歌謡のテイストをブレンドしたバリエーション豊かな楽曲で高い評価を受ける。

    アーティストページへ

"