愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

歌詞

小さな手

ありんこ

出会いと別れ繰り返し

進むこの星の僅かな

一瞬に出会えたことを祝おう

その目に映る世界には

どんな色が見えているの

キラキラと輝く色だといいな

忘れないでおくれ

君は愛されてる

迷い込む迷路の先にみんな待ってる

生まれ来る意味なんて

誰もわからないままに駆けていく

だから今はゆっくりと

焦らず小さなその手で

この世界の手触り感じて欲しい

耳澄ましてほら

あの声が聴こえる?

君の名を呼んでる

美しい響きが

生まれ来る意味ならば

その体の中に流れている

いつか君が誰かを

深く愛すその時まで

慈しむ心を育ててほしい

心のままに君に幸あれ

  • 作曲

    ありんこ

  • 作詞

    ありんこ

愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

ありんこ の“小さな手”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ありんこ

    オリジナル曲を中心に演奏。 ゴスペル、ソウル、フォークを下敷きに、昭和歌謡のテイストをブレンドしたバリエーション豊かな楽曲で高い評価を受ける。

    アーティストページへ

"