愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

歌詞

夢パズル

ありんこ

何も判らなくて何一つ伝えぬまま

過ぎてく日々の中に一人

取り残された気分で

寂しさは言い訳だと

本当は気付いたはず

いつもの道を今日は一人

ゆっくり遠ざかっていく

虚ろに響く人の言葉に

僕はどんな未来を描けばいい

君の夢のパズルは

今は穴だらけ

それでいい

君だけのパズルを

少しずつでいいから欠片を集めて

時間ならまだあるから

誰にも翼がある

羽ばたき方知らぬままに

傷つき羽折れたとしても

止まれない時の中で

いつかは鼓動止まり

永久に眠る運命ならば

どうしてこの星に生まれた

理由も知らぬままで

心で叫んでた声押し殺し

怖いから噛み付いた

差し出す手のひら

君の夢のパズルは

今は穴だらけ

それでいい

君だけのパズルを

少しずつでいいから欠片を集めて

時間ならまだあるから

たやすく掴み取れる

欠片はどれもこれもまがい物だから

自分の心の中

両手ですくい上げて耳を澄まして

君の夢のパズルは

今は穴だらけ

それでいい

君だけのパズルを

少しずつでいいから欠片を集めて

時間ならまだあるから

  • 作曲

    ありんこ

  • 作詞

    ありんこ

愚かで愛しいこの世界のジャケット写真

ありんこ の“夢パズル”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • ありんこ

    オリジナル曲を中心に演奏。 ゴスペル、ソウル、フォークを下敷きに、昭和歌謡のテイストをブレンドしたバリエーション豊かな楽曲で高い評価を受ける。

    アーティストページへ

"