この世界のすべてが敵になっても

  1. この世界のすべてが敵になっても
  2. 恋盗キッド
  3. Story II

神渚 翔

ヴィジュアル系バンドを組みベーシストとして活動していたが、 当時付き合っていた女性との失恋を機に 「自分の想いを込めて作った曲を自分で歌いたい。」 と考えるようになり、 本格的にシンガーソングライターとしての活動を始める。 ポップに「切なさ」を兼ね備えたメロディーセンスを武器に 2020年は年末に東京 Asakusa Gold Soundsでの ワンマンライブを目標に掲げ、いま再注目のアーティスト。

アーティストページへ

momo records