Quarkのジャケット写真

歌詞

monologue

ジュンレノン

森に迷い込んで歩く途中

行き先もわからず野道で

木々のさえずりを便りの果て

優しい色の鳥が手招く

それはそれは大きなドア

向かいの宿り木のうえで

主人の帰り待つネコが

蔓を掻き分け鍵を出せば

足は根っこで 手は葉になり

やがてボクは森になってゆくのか?

さぁ開けよう その扉を

めまぐるしいほどの日々を越えて

さぁ漕ぎ出そう 森の舟を

きらめく目覚めた夢の世界

昔 昔に鍵をかけた

胸にしまい込んでいた魔法

少しずつ開いて 少しずつ辿れば

心はワルツのように跳ねて

フォークは花に ナイフはドレスに

やがて日々も全部 踊りだして

さぁ開けよう その扉を

めまぐるしいほどの今宵の末

さぁ漕ぎ出そう 森の舟を

きらめき目覚めよ 君の世界 さぁ

森に迷い込んで歩く途中

魔女がもてなす晩餐へ

  • 作曲

    ジュンレノン

  • 作詞

    ジュンレノン

Quarkのジャケット写真

ジュンレノン の“monologue”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Quark

ジュンレノン

ジュンレノンの中にある優しい世界観の言葉たちと、夕焼けに染まる海のような切なげな歌声で新しい時代”令和”に語りかける、そんな思いを込めた曲を集めた1枚となっている。
作詞・作曲もすべて自身で手がけ、アコースティックでしか味わえない渾身の全8曲を収録。
また今回のアルバムのジャケットアートを担当してくれたのはNHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当されたり、最近では第1回やなせたかし文化賞(2019年)を受賞されたりと様々な分野で幅広く活躍しているユニット「tupera tupera(ツペラ ツペラ)」氏が担当してくれている。

アーティスト情報

  • ジュンレノン

    2017年から2019年にかけてドイツ、イギリス、フランスでの海外ライブの経験を糧に日本語の意味深さを知り、日本語歌詞に重きをおく。 独自の世界観を日本を超えて広げ、2019年に1stアルバム「Quark」をリリース。 1stアルバムを制作した後、自分の飲食店でニューヨークへ出店し、歌を歌いながらお好み焼きも海外にテイクアウトした。 2021年5月11日リリースのNewシングル「茜」が絶賛配信中 YouTubeにて総勢100名を超える仲間で作り上げた「茜」のMVが配信中 https://youtu.be/uPRM9B1j0dg

    アーティストページへ

FIVE TWO RECORDS

"