のジャケット写真

WATER FOREST KUMANO

  1. Morning Birds
  2. 源 〜水の精霊〜 (Short Ver.)
  3. シュレーゲルの歌 (Short Ver.)
  4. カジカ谷の夜想曲 (Short Ver.)
  5. ヒカリナミ (Short Ver.)

豊かな水に恵まれた初夏の熊野の美しいサウンドスケープ、愛の周波数528Hz調律のピアノ、天地をむすぶ瞑想的な歌声、叙情的な旋律を奏でる八篥*によって織りなされる音像が、深く静かに心に響く。極上のリラックスサウンド。

*八篥(ぱちりき)=イタドリ製の篳篥に似たオリジナル楽器

あわ屋

tOmOkicHi(福島正知)とyU(奥野裕美子)の二人によるサウンドアートユニット。 熊野の自然と共に暮らしながら“音のアート作品”を制作。 自然環境のサンプリング音を取り入れた電子音楽、篳篥や三味線といった古典楽器からシンセサイザーなどを駆使した現代的な楽器演奏、その場に流れる空気からインスパイアされて生み出されるヴォイスパフォーマンス等、さまざまな音素材を紡ぎながら、生命や宇宙の神秘を独自の音世界観で表現し、楽曲制作、ライブパフォーマンス、インスタレーション展示などに展開。 高野山や、BIWAKOビエンナーレ、美術館などでの独創的な舞台制作とその圧倒的なパフォーマンスは、国内のみならず海外からも注目を浴びている。

アーティストページへ

永魂

近年、愛の周波数と呼ばれている528Hzの響きを活かした演奏方法を始め、2015年テイチクエンタテインメントより、フルアルバム「心と体を整える~愛の周波数528Hz~」でメジャーデビュー。同年7月には、第2弾フルアルバム「自律神経を整える音の処方箋~愛の周波数528Hz~」をリリース。 CD不況と言われている音楽業界で記録的なヒットとなる。 今までには無かった「機能を持つ音楽」を生み出す日本で唯一の528Hz作曲家・ピアニスト。 528Hzを音楽理論や医学的観点から作曲。その手法が高く評価され、第57回日本レコード大賞企画賞を受賞。

STUDIO AWAYA