Lui Twenty

  1. Lui Twenty

UMBがお送りする日本語ラップのコンピレーション・シリーズ『UMBC』の新シーズンが今年も始動。3シーズン目の幕開けを飾るのは、2001年生まれのニュージェネレーション代表、Frankkissによる「Lui Twenty」だ。
 高校生ラップ選手権に2大会連続(第14回=Loco名義、第15回=Loco Frankkiss名義)で出場し、ラッパーとしてのスキルの高さは勿論のこと、オーディエンスを魅了する強烈な個性とカリスマ性で、熱い注目を浴びることとなったFrankkiss。そのキャリアを遡ると、地元愛媛にて幼少期からダンス、ボーカル、ミュージカルなど様々なステージやCM等のメディア出演を経験し、さらに14歳でアーティストとしての活動もスタートしたという。高校生ラップ選手権への出場以前からYoutubeでソロ曲を発表し、2018年末にはDisryをフィーチャしたシングル「JET STAR」を配信リリース。また、高知出身のW1NGとユニット=白豹(はくひょう)を結成するなど、積極的に活動の幅を広げている。
 Frankkiss名義では初のオフィシャル・ソロリリースとなる今回のシングル「Lui Twenty」は、日本のヒップホップシーンの黎明期から活躍するDJ WATARAIがプロデュースを担当。『UMBC』ではこれまで、句潤、MC☆ニガリ、Kowreeといったメンツとタッグを組んできたDJ WATARAIだが、ベテランならではの説得力ある骨太なビートに、オートチューンも駆使したFrankkissの彩り豊かなラップがガッチリとハマり、世代を超越した見事なコラボレーションとなっている。また、曲のタイトルも含めて、Frankkissならではの独自の言語センスが炸裂しており、『UMBC』に新たなフレイヴァーが加わったのは間違いない。春の訪れとともに、『UMBC』のシーズン3の始まりをぜひこの曲で楽しんで欲しい。

Frankkiss

愛媛県出身 2001年生まれ。 幼少期からダンス、ボーカル、ミュージカルを始め、CM出演等、数々の舞台やメディアに出演。 若干14歳にしてアーティストとしてのキャリアもスタートさせる。 独特なLyricと、GroovyなMelodyからHipHop以外のジャンルからも支持を得ている。 類稀なリズム感や、圧倒的なパフォーマンス、飛び抜けたカリスマ性で、客を魅了する今後注目を欠かせないアーティスト。

アーティストページへ

Libra records