Standing in Glory

  1. Standing in Glory

たとえ今がどんなに辛く苦しいものだったとしても、そのレベルが酷ければ酷いほど、いつか成功した時の輝く美談や経験になると思えば、きっとそんな今だって栄光の上にいることになるのではないか。
そんな想いを歌に乗せた一曲。
瞬く間に移り変わる世界の中で、今一つ踏ん張って、来たるべき時に高く飛べるように。
今は共に歌おう。

Key

過去ランクイン

Standing in Glory

iTunes Store • ロック トップソング • 日本 • 113位 • 2020年7月13日

Key

Key (ケイ) 透き通った高いトーンの歌声と心に響く言葉で、人々に感動を伝える19歳の若きロックンローラー。ジャンルに囚われることなく、自分のスタイルを常に創造し続けている。名古屋を活動拠点に今後は全国へと羽を広げ、名を刻んでいく。すべての楽曲の作詞作曲を手掛ける。

アーティストページへ

Li.I'm