Riverside Music Gardenのジャケット写真

Riverside Music Garden

香取良彦 JAZZ ORCHESTRA

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

デューク・エリントン、ギル・エヴァンス・・・彼らがもし現代に甦ったら、果たして同じ音楽を創るだろうか!??

1. Concerto for Coockie (コンチェルト・フォー・クッキー) 3:34
Dedicated to Duke Ellington
Comp. & Arr. by Yoshihiko Katori
2. Invitation (インヴィテーション) 8:32
Comp. by Bronislaw Kaper Arr. by Yoshihiko Katori
3. India (インディア) 4:41
Comp. & Arr. by Yoshihiko Katori
4. Riverside Music Garden Waltz (リバーサイド・ミュージック・ガーデン・ワルツ) 8:17
Comp. & Arr. by Yoshihiko Katori
5. Carnaval (カルナバル) 4:31
Comp. & Arr. by Yoshihiko Katori
6. Evans Evans Evans (エヴァンス・エヴァンス・エヴァンス) 6:44
Dedicated to Gil Evans
Comp. & Arr. by Yoshihiko Katori
7. Dusk in the Cameroun Highlands (カメルーン高原の夕暮れ) 7:55
Comp. & Arr. by Yoshihiko Katori
8. A View of the Picture (ア・ヴュー・オブ・ザ・ピクチュア) 8:09
Comp. & Arr. by Yoshihiko Katori
9. Speak Like a Child (スピーク・ライク・ア・チャイルド) 11:39
Comp. by Herbie Hancock Arr. by Yoshihiko Katori

Total=64:27

Trumpets
1st エリック・ミヤシロ Eric Miyashiro (solo on 8)
2nd 西村浩二 Koji Nishimura (solo on 8)
3rd 奥村晶 Sho Okumura (solo on 8)
4th 原朋直 Tomonao Hara (solo on 8)
マイク・プライス Mike Price (solo on 1)

Trombones
1st 村田陽一 Yoich Murata Courtesy of Victor Entertainment, Inc. (solo on 7)
2nd 佐藤春樹 Haruki Sato
3rd 北原雅彦 Masahiko Kitahara Courtesy of cutting edge/JUSTA RECORD
4th 内田光昭 Mitsuaki Uchida

Saxophones & Wood Winds
吉田治 Osamu Yoshida (Sop solo on 8)
多田誠司 Seiji Tada (Alt solo on 8)
佐藤達哉 Tatsuya Sato (Ten solo on 3, 4 & 8)
ボブ・ザング Bob Zung (As solo on 7, Cl solo on 8)
林文夫 Fumio Hayashi
小池修 Osamu Koike (Sop solo on 6, Bar solo on 8)

Rhythm Section
香取良彦 (Vibraphone, Piano, Xylopnone, Programming) Yoshihiko Katori
布川俊樹(Guitar) Toshiki Nunokawa
納浩一 (Electric Bass, Acoustic Bass) Koichi Osamu
大坂昌彦 (Drums) Masahiko Osaka
マーク・ディローズ (Percussion) Mark DeRose
ネイサン・イングラムⅢ世 Nathan Ingram Ⅲ(Narration)

録音・ミックス:クレッセント・スタジオ Crescente Studio, Tokyo
録音日1997年3月16〜18, 20, 23日 Recorded on 1997.3.16〜18, 20, 23
ミックス・ダウン1997年3月26〜28日 Mixed on 1997.3.26〜28
リマスタリング:音響ハウス 2003年1月19日 Re-Mastered at ONKIO HAUS, Tokyo on 2003.1.19

プロデュース:香取良彦 Produced by Yoshihiko Katori
スーパーヴァイザーSuperviser:瀧口大由記(Groovy)/Hiroyuki Takiguchi
エンジニア Engineer:森本八十雄 Yasuo Morimoto
アシスタント・エンジニアAssistant engineer: 花島功武 Isao Hanashima、近藤秀昭 Hideaki Kondo
マスタリング・エンジニア:石井亘Mastered by Wataru Ishii (ONKIO HAUS)
表紙デザインGraphic design:長井克倫 (バビック) Katsumichi Nagai (BAVIC)
ブックレット/パッケージ・デザインTotal design:石井彰 Akira Ishii

アーティスト情報

  • 香取良彦 JAZZ ORCHESTRA

    香取良彦JAZZ ORCHESTRAが結成された1989年は、日本における著名ビッグバンドが衰退を余儀なくされている頃だった。メンバーに給料が支払われ、TV番組の歌謡曲の歌伴などあらゆる音楽を演奏するのに対し、あくまで自分自身の音楽(オリジナル曲/オリジナル・アレンジ)のみを演奏するビッグ・バンドとして、個で活躍するプレイヤー達が集められた(その多くはバンド・リーダー)。その強力なグルーブ感とソロにおけるコンボ同様のインタープレイ、香取良彦による強烈に個性的な楽曲は、その後の大編成音楽への方向性を示した。 ​ 1991年のコンピレーション盤"Now's the Time Workshop Vol.2"に初レコーディング、1997年にはアルバム "Riverside Music Garden"を発表、その音楽性は今なお評価されている。1999年、コンピレーション盤"Punch the Monkey! 2"にはルパン三世のテーマとモチーフをアレンジした演奏が収録されている。 ​ しばらく休止状態になっていた2014年、静岡音楽館AOIで復活、今後の演奏活動が待たれている。

    アーティストページへ