線香花火のジャケット写真

歌詞

線香花火

Yamakatsu

Day 暑い夏の夜でした

気持ちとは裏腹に

履きなれてない鼻緒の先

赤く色づいてたね

ゆっくり、ゆっくり、歩いたワケは

少しのわがまま 時よ止まれ

どんなに、どんなに

願いを込めてもね

無常にさ…

すぐに消える線香花火は

泡沫の夏夜の夢で

追いかけてすり抜けてゆく

そんな季節を写すだろう

鮮やかな浴衣に身をゆだね

橙色に照らされて

ねぇ、泣いてるの?

笑っているの?

流れ星を見つけた

もう撒き戻りはしないから

後悔と呼ぶのかな?

履きなれずに埃まみれ

箱を月が照らしてる

もう少し あと少し

その繰り返し

それでもわがまま 時よ戻れ

何より 何より

大切なものなら

煌々…

燃ゆる姿 微かな花火は

泡沫の浮世の夢で

儚さをその身に纏うは

刹那的な輝き

ゆらゆら

ゆらゆらりと

燃ゆる

息吹よ

すぐに消える線香花火は

泡沫の夏夜の夢で

追いかけてすり抜けてゆく

そんな季節を手のひらに

いつか燃え尽きる運命ならば

落ちる牡丹

その時まで

煌めいて 記憶の中で

消えることのない歌を

君に届けるから

  • 作曲

    Daiki

  • 作詞

    Syngen

線香花火のジャケット写真

Yamakatsu の“線香花火”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

線香花火

Yamakatsu

  • ⚫︎

    線香花火

    Yamakatsu

『それは、泡沫の煌めき。』
夏の風物詩である「線香花火」で描写するひと時の物語。
京都の人気ロックバンドLOCAL CONNECTのDaiki が手掛ける切ない夏のバラード。

アーティスト情報

  • Yamakatsu

    2011年12月に結成された山口県の5人組ローカルアイドルグループ。山口ふるさと大使。 結成当初より、辺境の地を拠点にオリジナルメンバーで活動し続け、今年で結成10周年を迎える。 特別な才能を持たない5人が、等身大の彼女達の物語を綴った楽曲を、ヘタクソだけど懸命に伝えようとするその姿に、言葉では表現できない「何か」を感じさせてくれる。2021年11月には、地元山口に新設された最大規模のホール「KDDI維新ホール」でのワンマンライブに挑む。

    アーティストページへ

FIVERIDGE MUSIC

"