HEROES

  1. Fanfare
  2. HEROES
  3. 鬼ヒュウガ
  4. Gal
  5. 豊穣
  6. Turn On Fire
  7. Peace Drum
  8. Cradle’s Reflections

和太鼓とドラムのユニット我龍GARYU4枚目のアルバム。
今回のテーマは【HERO】。
ニューヨーク、ハワイ、フランス、イスラエル、台湾、韓国、など様々な国をツアーし、出会った素晴らしい人々。そして、そこで得たインスピレーションを楽曲に表現。
篠笛などの和楽器から、へビーロックヴォーカル、サックス、チェロ、ギター、オーケストラアレンジなど、全く新しい表現に挑戦している。

心の中のHEROに訴えかける壮大な作品です。

Executive produce:Office Garyu
Co-produce :e-level music

All song : Takashi Takeuchi (Garyu)
Lyric (Gal/Turn On Fire) : Sadew (BLOOD STAIN CHILD)
          
Jacket design:Hikaru Nara
Recorded & Mixed & Mastered : Akira Inoue (e-level music)
Recorded in Taiwan : Kevin Chen (GBH studio)

GARYU
Wadaiko / shinobue : Takashi Takeuchi
Drum : Shunsuke Komoto
Wadaiko : Hiroki Takeuchi

Guest Musicians
Eg./Eb.:Aaron Tseng (ex Anthelion) Recorded in Taiwan
Eg./Ag.:Kaga Manabe (BLOID)
Vc.:Kotaro Saito (BLOID)
Sax.:Noo
Syn. : Isaku Fujita
Shinobue : Shigehiro Nishikawa

太鼓ユニット我龍

日本の伝統楽器である和太鼓と、欧米で生まれたドラムを融合。これまでの音楽ジャンルにとらわれ ない新しい音楽の創造を目的として、2005年6月に広島で結成された太鼓ユニット。 独自の表現への追求を信条とし、それぞれの楽器が出せる最高の一打へのこだわり、和太鼓の音作り は太鼓の皮の切り出しから全て自分達でおこなう。また演目から衣装、楽器に至るまで全てオリジナ ルにて制作。 演目は地元地域に伝わる伝統芸能や日本の風土、自然から得たインスピレーションを現代的な表現に アレンジし、ドラムのビートの中に日本の風景を織り交ぜる。 その活動は広がり続け、西日本最大級の野外音楽イベント『SETSTOCK』への出演、京セラドー ム関西コレクション、東京ドームふるさと祭り、自主公演『我龍 Concert2009、2011、2013』 では1500席、そして、2015アリーナ2daysコンサートでは 3000 席 チケットソールド アウトを果たす。上海万博、台湾ツアー、シンガポールツアー、フランスツアーなど、日本から、世 界へ活動の幅をさらに広げている。 大地の鼓動といわれ、太古の昔から恐れられる『雷(イカズチ)』のような響きを持つ和太鼓。世界の 太鼓・シンバルが集まりグルーヴを生み出すドラム。 一見、不釣合いに見える和と洋を代表する打 楽器だが、お互いの特徴を引き出し未知の領域へ 挑戦し続けていく。

アーティストページへ

オフィス我龍