栞のジャケット写真

歌詞

OYASUMI

WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

明日は何が起こるかな

じゃあ行ってみたらわかるかな

見た事もない景色がもう目の前に

広がってくそれまでは

目を閉じればない何もそこに

吸い込まれる暗闇の底に

星は踊り 眠りの森

明日来るまで静寂と共に

(おやすみ)溶け出す寝息

風に吹かれめくられるページ

枕と布団しばし休憩

まぶたの向こうで待つNew Day

さっきまでいた無数の羊

見失えばもうそこが入口

戻れる過去 未来の都市や

行ったこともない南の島

会いたい人にさあ会いに行こう

ふと思い出すあの場所あの日々を

翼はなくとも空を飛べる

両手広げて夜に寝そべる

明日は何が起こるかな

じゃあ行ってみたらわかるかな

見た事もない景色がもう目の前に

広がってくそれまでは「おやすみ」

今はこの夜この空気身を委ねて

耳澄まし聞こえる波に揺られて

見たくない夢ならほらバクへ

ふとんの中隠れ 描く絵は楽園

自分以外は覗けないそのウインドウ

日常にないヒント

拾い集めた主人公

それは十人十色の無人島

たまに思い出す過去 今以外にレスキュー

引き出し動き出すのび太のデスク

膨らむ想像どこまでも

ここじゃ争えない矛と盾も

闇が優しく包み込む

疲れ果てた心や傷口も

今空想の水面に映り込む

まだ見てたい話の続きを

明日は何が起こるかな

じゃあ行ってみたらわかるかな

見た事もない景色がもう目の前に

広がってくそれまでは「おやすみ」

  • 作曲

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 作詞

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

栞のジャケット写真

WATT a.k.a. ヨッテルブッテル の“OYASUMI”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 1

    かきかけのうた

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 2

    ASAMADE

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 3

    ひとつ屋根の下

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 4

    そしてくりかえす

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 5

    待ち合わせ (feat. BASI)

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 6

    チラシ -休み時間-

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 7

    MY SUNSHINE (feat. INSIDE RUNNERS)

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 8

    甘い物でも食べたら少しがんばろう

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 9

    帰路

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 10

    夕空

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 11

    WHERE YOU AT

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • ⚫︎

    OYASUMI

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 13

    夢中

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

  • 14

    次ノ頁

    WATT a.k.a. ヨッテルブッテル

アーティスト情報

  • WATT

    東京生まれ長野育ち、現在は神奈川を拠点に活動するMCでありBeatMaker。 2000年頃よりkamuriとのHipHopグループ"韻部"を結成し活動後、2009年よりソロ活動を開始。 日本を代表するMCの一人であるNORIKIYOにその才能を認められ、YUKICHI RECORDSと契約し2枚のアルバムをリリース。 独自のサンプリングセンスが際立つMPCを駆使したビートメイクと、淀みのないフロウで聴かせる自然体のラップスタイル、時に聴く者の心を揺さぶるメロディーメイカーとしての一面も持ち、マニアックさと大衆性を絶妙なバランスで共存させた作品を生み出している。 自身の作品の他にも様々なアーティスト・企業への楽曲提供/リミックス/客演で活動の幅を広げている(NORIKIYO,BASI,BES,DJ Deckstream,サイプレス上野とロベルト吉野,hokuto,Red Bull 64 Bars,Abema TVなど)。 2021年12月には6年ぶりとなるニューアルバム「めぐるうた」をリリース。

    アーティストページへ


    WATTの他のリリース

YUKICHI RECORDS

"