手をのばしてのジャケット写真

歌詞

手をのばして

虹彩インコ

プラス思考で暮れた夜に

空見れば一番星

願えば叶うと信じて 手をのばした

掴めそうで掴めない

確かで いや不確かで

でもいつか手にする日がくると思った

そう思っていた

あてにしていた夜は明けて

姿消した一番星

太陽は僕の心に 影を落とした

上手くいかないなって 僕は

不意に視線を落としてしまって

振り向くと 手を差し伸べて 微笑む君がいた

手をのばして

夢見ていた 闇の向こうへと

手をのばして

この世界を また彩っていけるように

独り途方に暮れた朝に

君がくれた一番星

真っ暗な僕の心に 灯りがともった

“掴めそうで掴めない

確かで いや不確かで”

あの輝きにも負けない

僕が手にした光

手をのばして

夢見ていた 闇の向こうへと

手をのばして

この世界を また彩っていけるように

価値なんて誰もわからない

僕だけのパレットを片手に

手をのばして

夢見ていた 闇の向こうへと

手をのばして

この世界を また彩っていく

手をのばして

手をのばして

  • 作曲

    カナダコウイチ

  • 作詞

    カナダコウイチ

手をのばしてのジャケット写真

虹彩インコ の“手をのばして”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    手をのばして

    虹彩インコ

12ヶ月連続配信リリース第9弾。前身「Palet」として2017年5月に制作した『Palette』の収録曲を「虹彩インコ」としてリメイク。バンドとして結果が出せない中、それでも応援してくれる人たちがいて、その人たちのために音楽がしたいという思いが強くなった頃に自然と生まれた楽曲。まさに迷いが晴れたようなストレートなバンドサウンドで、ライブでの定番曲となった。(Jacket Design:竹ちなみ)

アーティスト情報

  • 虹彩インコ

    名古屋の3人組ポップスバンド。日常の中で生まれる様々な思いを、印象的かつ心地良いメロディーに乗せて歌う。音楽を通じて人と出会い、繋がり、関係を深めていくことに喜びを感じながら、活動を続けている。

    アーティストページへ

"