トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

ファーストEP「REASON」のリリースでその地位を確固たるものにし、2020年2月リリースのシングル「Selfish」はSpotifyで「JapanViral 50」のプレイリストにランクインするなど、その勢いは衰えを知らない新鋭ラッパー、Ralph。本作は6月に発売が予定されている新作EP「BLACK BANDANA」からの先行シングル。

グライムやベースミュージックシーンにおいて、世界的に活躍するプロデューサー/DJユニットのDouble Clapperzが手がけるタイトなビートに、Ralphの代名詞であるリアルなリリックと巧みなフローが展開される「Back Seat」。

このシングルから、2020年最も注目を集めている若手ラッパーの第二章が始まる。

過去ランキング

Back Seat

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • フィンランド • 2位 • 2020年5月28日 iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 台湾 • 3位 • 2020年5月27日 iTunes Store • 総合 トップソング • フィンランド • 31位 • 2020年5月28日 iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 68位 • 2020年6月3日 iTunes Store • 総合 トップソング • 台湾 • 110位 • 2020年5月27日

過去プレイリストイン

Back Seat

Spotify • +81 Connect • 2020年6月3日 Apple Music • ヒップホップ ジャパン • 2020年5月29日 Spotify • FNMNL • 2020年6月3日 Spotify • AVYSS • 2020年6月2日 Spotify • EYESCREAM • 2020年5月30日

アーティスト情報

  • ralph

    2017年にSoundCloudで発表された「斜に構える」が注目を集めたことをきっかけに、アーティスト活動を開始。2020年6月にリリースされた2nd EP「BLACK BANDANA」のリリースでその地位を確固たるものにし、同EP収録の「Selfish」はYoutubeで100万再生を超えた。さらにAbema TVから配信された「ラップスタア誕生 」(RAPSTAR2020)で優勝し、ヒップホップシーンからの期待を一身に担う存在となった。2021年6月にキャリア初のミックステープ「24oz」をリリース、夏には全国ツアーを予定しており、今後の活動にも注目が集まる。

    アーティストページへ