神奏曲:ライトニングのジャケット写真

歌詞

神奏曲:ライトニング

神使轟く、激情の如く。

未だ見ぬ未来へ

未だ見ぬイメージへ

他人が言うゴールすらも通過点に変えて 越えて魅せる

The story is mine

Are you ready?いいね

じゃ限界突破で飛ばしてくぜ

出会えた事は運命だなんて 言葉で片付けてたまるかよ

選択ばかりの日々かき分けて 互いで 引き寄せた世界へ

喧騒 walking on I'm going to 暴走

初期衝動 今に繋いで繋いで

GOD in the house to be

Nice tune Pull up! Pull up! GOD Thankyou マジ Proud

イカしたゲリラ 挑戦 Knock out 恥ない

苦労なんて wanna go BANG BANG BANG!

仁義なき争い BANG BANG BANG!

未練ばっかのLife 破壊してさ Dreamer

世間体のchain ニタニタ 手招いてもう戻らない

かったるいからと投げ出して もう勝てないからと逃げだして

それで(Relight)いいの?(In life)いいの?(Show your light of the life)

叶う叶わないじゃなくて 叶えたい想い捨てないで挑め(I don't give up)

限界さえぶっ壊してくぜ

Let's go OK 適度に脳内超健全(Ai)

熱量のない易い言葉は響かないよ全然(Ai)

聞けよ圧な音 出で立ちから本物

魅せる turning up 消えぬ like a タイヤ痕

逃げそうになった 僕の手を掴んだ

君は怒って泣いた 僕のために

大切な人の泣き顔より 笑顔にさせるそう決めた

重ねて駆け抜けてきたツアー

その度 鋭く尖る 牙

己を削って光る 流派

ハンデなしで戦ってくNew fads

迷える子羊たちを(救う)

イかれた宣教師達と

エンドレス鼓膜 狂わせて

この世にはない産み出して

この傷を誇りに変えてシュプレヒコール

何の特徴も才能もなかったけど

諦めをやめただけ(Relight)ここで(In life)証明(Show your light of the life)

成功者の歴史本じゃない 冒険者のドキュメントの歌を今も(QEDさらに前へ)

限界からぶっ壊れてくぜ

街に焦がれて 星に泣いて 土に潜る

愛に触れて 雨に濡れて いざ咲き狂う

痛みも嫌いも巣食う闇も

感情を光で照らして(Shining road)

苦しい時に浮かぶ顔が 君でよかった

ドクドク脈を打って背負う

かったるいからと投げないで 次こそはと また向き合って

前へ(Relight )前へ(In life)進め(Show your light of the life)

真っさらな想い貫いて 一回きりのライフを胸張って生きろ(Answers for)

限界なんかで止まらないで

君との未来へ

君とのSTAGEへ

無謀な夢さえも現実に変えて 叶えて魅せる

The story is ours

Are you ready?いいね

等身大で叫んだメッセージ

  • 作曲

    MTR

  • 作詞

    生牡蠣 いもこ

神奏曲:ライトニングのジャケット写真

神使轟く、激情の如く。 の“神奏曲:ライトニング”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    神奏曲:ライトニング

    神使轟く、激情の如く。

過去ランキング

神奏曲:ライトニング

iTunes Store • ロック トップソング • 日本 • 44位 • 2021年12月3日

過去プレイリストイン

神奏曲:ライトニング

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2021年12月5日

アーティスト情報

  • 神使轟く、激情の如く。

    2017年9月30日結成。 Clean×3・Rap・Scream・Shoutの6人ボーカル+マニピュレーター7人編成で、アイドルにもバンドにもDJにも無い新しいアーティストスタイルでのパフォーマンスを展開するバンドユニット。 名実ともに、アーティストとしての存在感をまとい始め、来たる2022年3月30日に日本武道館ワンマンライブが決定している。 音楽性はメタルコアと転調やテンポチェンジを軸に、ラップ・ジャズ・EDMなど先の読めない構成とサウンドを展開しており、サビではどんな超展開の後でもキャッチーでエモいメロディを歌い上げる。更にライブはマニピュレーターが32パラアウトデータのサウンドシステムに、リズムマシーンやギター等の演奏をリアルタイムで演出する。 結成3年にして、Zepp DiverCityや豊洲Pitといった大箱でのワンマンライブを大成功させており、現在はワンマンツアーやバンド対バンが中心。対バン出演者は、a crowd of rebellion・ヒステリックパニック・Ailiph Doepa・AIR SWELL・バックドロップシンデレラなど錚々たるバンドが名を連ねている。 その音楽性やパフォーマンスは昨今のバンドシーンで非常に高い評価を得ており、SILENT SIREN・SHANK・ミオヤマザキ・魔法少女になり隊 など、日本のバンドシーンを牽引するアーティストと対談も行われている。 ライブ活動以外にも、ヤングジャンプ表紙や有吉反省会・ダウンタウンDXなどキー局番組に多数出演する他、「全力!脱力タイムス」や「お願い!ランキング」のテーマソングを担当、ニッポン放送にて特番も放送された。 芸能界からも指原莉乃に気になったグループとして名前を挙げられる他、お笑いコンビオードリーの春日は自身のラジオ番組オールナイトニッポンで神激のファンを公言、ライブにも足を運んでいただいている。

    アーティストページへ


    神使轟く、激情の如く。の他のリリース

KABUKIMONO'DOGs

"