goodbye bad times (feat. issei)のジャケット写真

goodbye bad times (feat. issei)

-

UNI-Qreatives

goodbye bad times (feat. issei)

  1. goodbye bad times (feat. issei)

日本のメジャー、インディーズシーンにおいて数々のサウンドプロデュース実績を残す日本発のプロクリエイター集団、UNI-Qreatives(ユニ・クリエイティヴズ)通称UNI-Q(ユニーク)。

2020年春より開始した様々なアーティストとのコライトによって生み出されるUNI-Q発のセッション企画には、名だたるトップクリエイターや次世代を担うニューカマーアーティスト達がフィーチャリングゲストとして名を連ねている。

セッション企画第5弾のフィーチャリングゲストには、歌い手だけでなく、作詞作曲、トラックメイク、ボーカルディレクションまでもこなすマルチプレイヤー、issei(イッセイ)。
近年では映画『キャッツ』吹き替え版のレコーディング参加や、Asoboism「Whateva♡」、Ymagik「Hourglass」、aimi「Thinkin'」などの作品にフィーチャリング作品など、その名が広まるや否や各方面に引っ張りだことなる。
その実力もさることながら、オリジナル曲ではキャッチーなダンス曲「Sweet Love」からスロウジャムR&B「Can't Stop My Love」まで多彩に表現し、さらにアグレッシブなスパンで発表されるその作品の数々により業界内でもひときわ注目を浴びており、近年の日本のR&Bシーンにおいて若手最重要人物の天才男性シンガーと言える。

今回のUNI-Qとisseiによるセッションで生み出された楽曲「goodbye bad time」はトレンディなオルタナティブR&Bサウンドをコンセプトとして、爽やかでどこかポップなトラックにisseiのセンセーショナルな歌声と全英詞が融合した作品に仕上がっている。

UNI-Qreatives