Runのジャケット写真

歌詞

藍 -ran-

宮竹ようこ

汚いものは見たくなくて

目を背けて気づかないフリ

そんなんじゃいつまでも

綺麗になんて なりやしないこと

わかってる

汚い心に向き合わずに

自分はいつもいい子のフリ

隠して隠して歪んでゆく 笑顔

僕たちはそうすることに

慣れてしまって

そうしないと変だと思い込んで

本当の自分を押し殺して

生きているんだ

空の色が変わっていく

僕を置いてどんどん変わっていく

待って 置いて行かないで

空の色が変わっていく

僕を置いてどんどん変わっていく

さよなら

毎日流れる悲惨なニュース

電車が遅れると聞こえる舌打ち

駅前のゴミ箱は溢れかえってる

歩く人はみんな画面を見てる

嫌だ嫌だと思ったって

どこか他人事になって

悲しいなんて思う暇さえなく

歩いてゆくんだ

優しさってなんなのか

悲しいと泣くことが優しさか

僕にはわからない

残念だ残酷だった

それで終わって

また忘れてしまうのか

空の色が変わっていく

僕を置いてどんどん変わっていく

待って 置いて行かないで

空の色が変わっていく

僕を置いてどんどん変わっていく

さよなら

  • 作曲

    宮竹ようこ

  • 作詞

    宮竹ようこ

Runのジャケット写真

宮竹ようこ の“藍 -ran-”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Voice Music Entertainmentに所属後1枚目となる本作は、いままでの弾き語りスタイルとはガラッと変わり、全曲バンドサウンドの自身初となるミニアルバム。
新たなスタートに立った宮竹ようこが奏でる全5曲をどうぞお楽しみください。

アーティスト情報

  • 宮竹ようこ

    沖縄出身、岡山育ちのシンガーソングライター。アコースティックギターを片手に高校生~今もなお、路上ライブを行なっている。”温もり”そして”透き通った”ウィスパーボイスで聴く人を包み込む。2017年 ファンキー加藤、chay、シカゴプードル、千里-chisato-などが出演するフェス「ONE+NATION music circus @Bisei」を始め、2018年 川嶋あい、電波少女などが出演するイベント「SHARING the SOUL in TAKASAGO」のオープニングアクトに抜擢。 2019年9月には、きゃりーぱみゅぱみゅ、KREVA、家入レオなどが出演する「桃太郎フェス」にゲスト出演。

    アーティストページへ

Voice Music Entertainment

"