Runのジャケット写真

歌詞

ありふれた生活を

宮竹ようこ

いつからだろう

雲の形が見えなくなったのは

いつからだろう

素直に言葉が聞けなくなったのは

何気なく食べる茶碗の米も

身に纏っているお気に入りの服も

がたんごとん 人を運ぶ電車も

当たり前のようだけど

見えない誰かに作られているんだ

見えない誰かが僕を生かす

ありふれた生活に

僕ら不満を感じがちだけど

はじめから存在するものなんてない

甘えてんなよ

ありふれた生活に

色をつけて 学べ

ぼくだって まだ

もっといけるだろう?

いつまでだろう

自由な声で歌っていられるのは

いつまでだろう

青空の下 駆け回っていられるのは

全て無くした時 僕ら 願うだろう

当たり前の日々を願うだろう

輝きに溺れ見失わぬように

忘れないで

ありふれた生活に

いつまでも存在するものなんてない

甘えてんなよ

ありふれた生活に

色をつけて 学べ

ハッピーエンドは

僕ら次第さ

  • 作曲

    宮竹ようこ

  • 作詞

    宮竹ようこ

Runのジャケット写真

宮竹ようこ の“ありふれた生活を”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Voice Music Entertainmentに所属後1枚目となる本作は、いままでの弾き語りスタイルとはガラッと変わり、全曲バンドサウンドの自身初となるミニアルバム。
新たなスタートに立った宮竹ようこが奏でる全5曲をどうぞお楽しみください。

アーティスト情報

  • 宮竹ようこ

    沖縄出身、岡山育ちのシンガーソングライター。アコースティックギターを片手に高校生~今もなお、路上ライブを行なっている。”温もり”そして”透き通った”ウィスパーボイスで聴く人を包み込む。2017年 ファンキー加藤、chay、シカゴプードル、千里-chisato-などが出演するフェス「ONE+NATION music circus @Bisei」を始め、2018年 川嶋あい、電波少女などが出演するイベント「SHARING the SOUL in TAKASAGO」のオープニングアクトに抜擢。 2019年9月には、きゃりーぱみゅぱみゅ、KREVA、家入レオなどが出演する「桃太郎フェス」にゲスト出演。

    アーティストページへ

Voice Music Entertainment

"