Runのジャケット写真

歌詞

この声で

宮竹ようこ

生き抜いてやるんだ

この世界で 音かき鳴らして

本当は伝えたいんだ

この想いを わたしの歌を

当たり障りのない言葉ばっか

浮かんで来ちゃって

あたしを見る誰かの目が

気になっちゃって

自分で選んだ道なのに

自信持てなくなっちゃって

どうせバカにされるよなぁって

あぁバカみたいに情けないなぁ

進んでくあの子を横目に

立ち止まってる言い訳探して

変われない自分に自己嫌悪

その繰り返しで

生き抜いてやるんだ

この世界で 音かき鳴らして

本当は伝えたいんだ

この想いを歌いたいんだ

もっともっと素直に

幸せの定義なんて人それぞれなのに

みんなみんな自分勝手だ

こうだ と決めつける

肯定は簡単には口にできない

可能性は曖昧で信じられない

でも、あたし

生き抜いてやるんだ

この世界で 音かき鳴らして

いつか朽ち果てても

これでよかったと

そう言いたいんだ

もっともっと素直に

歌うよ この声で

  • 作曲

    宮竹ようこ

  • 作詞

    宮竹ようこ

Runのジャケット写真

宮竹ようこ の“この声で”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Voice Music Entertainmentに所属後1枚目となる本作は、いままでの弾き語りスタイルとはガラッと変わり、全曲バンドサウンドの自身初となるミニアルバム。
新たなスタートに立った宮竹ようこが奏でる全5曲をどうぞお楽しみください。

アーティスト情報

  • 宮竹ようこ

    沖縄出身、岡山育ちのシンガーソングライター。アコースティックギターを片手に高校生~今もなお、路上ライブを行なっている。”温もり”そして”透き通った”ウィスパーボイスで聴く人を包み込む。2017年 ファンキー加藤、chay、シカゴプードル、千里-chisato-などが出演するフェス「ONE+NATION music circus @Bisei」を始め、2018年 川嶋あい、電波少女などが出演するイベント「SHARING the SOUL in TAKASAGO」のオープニングアクトに抜擢。 2019年9月には、きゃりーぱみゅぱみゅ、KREVA、家入レオなどが出演する「桃太郎フェス」にゲスト出演。

    アーティストページへ

Voice Music Entertainment

"