トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

言葉を愛し、言葉を追求する“言葉ジャンキー”Payao の New Single "酎ハイラプソディー"は、桜の花の
ように儚げな恋を思わせながら、”短い間でも人は人を愛せる”という優しさをテーマに歌うポップチューン。
“生温い缶酎ハイ”は、恋人たちが共に過ごした時間の長さを目に浮かばせる。刹那的な歌声が、生きて
いる上で必ず起こりうる出会いと別れを切なく際立たせる。日本文化が色濃く残る京都に住みながら、
Payao は常に日本語の美の響きを追求している。

アーティスト情報

  • Payao

    京都を拠点に「言葉ジャンキー」として活動。 音楽や詩を中心に様々なメディアで言葉を発信し、独特な視点で日常を切り取るセンスにはファンが多い。 2021 年に出版した紙のお香で作られた燃やす写真付き小説「燃やす写真集: 金木犀」は若者を中心に大きな話題を呼び、完売となる書店も出たほど。 最近は京都中の銭湯を廻り、サウナの中で新しい言葉を考えるのが趣味なほどのサウナ通である。

    アーティストページへ


    Payaoの他のリリース