のジャケット写真

Uh La La (feat. shurkn pap)

  1. Uh La La (feat. shurkn pap)

MC TYSON最新シングルが発売決定!
今夏に向けタッグを組むアーティストは”今”もっとも旬な関西ヒップホップ若手クルーの”MAISONDE"から”shurkn pap"をフューチャーした美メロ常夏チューンとなっている。サウンドはクラブバンガーでありながら何処か切ない、
そんな二人のバースをリスナーの夏の夜の1ページと共に... MUST CHECKな一曲!!

MC TYSON

関西を含む西日本において「大阪若手ラッパーの大型ルーキー」として知られ、今最も注目を浴びる1991年世代の代表ラッパー「MC TYSON」。日本語・英語・アラビア語をネイティブに操るトリリンガル・アーチストとしても希有の存在。2012年に発表された代表曲「I HAVE A DREAM 」がYOUTUBE 日本語ラップチャンネルにで驚異的なヒット数を記録しそれが引き金となり一躍全国にその名を轟かせる事になった。全国各地で積極的に活動の場を広げ、「呼ばれれば世界中何処にでも行く」と公言した通り、アジアの中心都市、上海でもライブを経験、その余波はバンコク、香港等アジアの各主要都市へも飛び火する。また、NEW YORK のラップスター「MAINO JAPAN TOUR 2012」 、「A$AP MOB JAPAN TOUR 2013」においても若手ながら前座ライブを経験し、その名はアジアからUSAにも知られるようになった。関西の格闘技シーンにおいても「突破」「強者」「競拳」と名の通った数々の大会に客演をこなす実績を持ち、大阪を中心とする格闘技ファンからの支持も日増しに高まっている。2015年下半期に発表された大阪発全国区の人気レゲエクルー「TAKING OVER」主要メンバーのSHADYを客演に迎えた「Bling Bling Girl feat. SHADY」では、iTunes HIPHOPチャートでベスト3を獲得、話題沸騰となる。それによりMC TYSONの知名度はHIPHOP界のみならず、日本全土のレゲエシーンにも刻まれることとなった。MV「Bling Bling Girl feat. SHADY」も若手ながら再生回数約14万回を突破。さらに2016年1月発売の新曲「WALK MY WAY feat. GAZZILA」では、ANARCHYやRYUZOが所属するR-RATED RECORDSからGAZZILAをフィーチャリングし、iTunes HIPHOPチャートでベスト5を獲得。前作「Bling Bling Girl feat. SHADY」と立て続けにチャートを席巻し続ける。大阪から放たれるMC TYSONの叫びが全国のリスナーの心を掴み、煙と共に怪しく光るネオン街の夜を包み込んで行き、今後の彼の作品から目を離せない関西の若手としては「最大の大型ルーキー」としてその勢いは留まるところを知らない。2016年6月にはシンガポールにてライブを敢行や2017年7月にはフィリピンでのアジアツアーを成功させた。同年自主レーベル「ELDEEN INDUSTRY」を旗揚げし、ファッションの分野においてもクリエイティブに活動の幅を広げている。

アーティストページへ

ELDEEN INDUSTRY