加速する世界のジャケット写真

歌詞

加速する世界

俺 Tribe

顔の無い者

俺を見つめる

いくつも影

伸びゆく頃

灰色の街

開かない扉

この先はまた

知らないなんて言うんだ

脱ぎ捨てたまま汚れたシャツに

袖を通す 新しい朝

染みつく惰性

取れない汚れ

それをいつまで

疎ましく思うんだ

強く差し込む 窓辺から

玩具の性か 琴線に触れる

吹きゆく風が肌を掠めた

身に染む思いを知りながらも

答えなき世に吐露する声は

ささやかに

ささやかに

加速する

どこまでも

その場を過ごし

一つ身を切る

増えすぎたそれを見つめながら

染みつく痛み

霞んだ視界

それを今更

愛おしく思うんだ

握った拳おろした先に

握った拳おろした先に

朝日が登り 光が溢れ

空またしても

目覚めたなら

吹きゆく風に指を絡めた

何もない もう何もない

答えなき世に吐露する声は

止めどなく

止めどなく

加速する

どこまでも

  • 作曲

    俺 Tribe

  • 作詞

    俺 Tribe

加速する世界のジャケット写真

俺 Tribe の“加速する世界”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    加速する世界

    俺 Tribe

アーティスト情報

"