アルサラ~記憶の栞~のジャケット写真

歌詞

アルサラ~記憶の栞~

WIXIZ

明日の行先の果てない眩しさは

いつかの景色さえ

モノクロに暈してく

これまでも明日もあの日の憧れも

置き去りの僕には太陽の輪郭で

僕はただの僕のまままだあの日の中

いつも探す ただ一つを

まだ掴めずに

記憶のアルサラ 見失わぬように

繰り返す悲しみに

迷い込んだ表と裏確かめるように

記憶のアルサラ 見失わぬように

その指をすり抜けた

虚しく意味のない色を

塗り潰しまた繰り返す今日

消えてく体温も冷たくなった今も

ただ一人のままで

変われなかった現実

追いかけ続けても目を逸らした時は

今もまだその目が思い出を映してる

流れる時の焦燥の中に

立ち止まる日々通り過ぎる

いつも街の雨に一人で濡れていた

記憶のアルサラ 見失わぬように

踏み鳴らし示す日が

辿り着く先表か裏わからないけれど

記憶のアルサラ 見失わぬように

その指をすり抜けた

虚しく意味のない色を

塗り潰しまた繰り返す日を

越えて越えて

鼓動の意味求めて

止めて 錆びつく前に

転がる時の運命に

残された両手を未来へと伸ばして

  • 作曲

    マホロ

  • 作詞

    kanato

アルサラ~記憶の栞~のジャケット写真

WIXIZ の“アルサラ~記憶の栞~”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2022年一番最初に現れたヴィジュアル系バンド「WIXIZ」のファーストシングル.。
王道と次世代的サウンドの洪水を是非体感して頂きたい。

"