PAST INTO FUTUREのジャケット写真

歌詞

月降る夜

HEAVENESE

寄せて返す波のように 休むこともなく

誰もいない海辺にさえ みちる恵み清か

空を染める夕映えに 風が光るように

恵み照らす日々の色は 輝きを増すだろう

※あなたに言うよ 何度でも

この想いは本当だよと

立ちあがるよ 何度でも

たとえ星が落ちても

※※月降る夜が語りかける ことば交わさずとも

分かりあえる日が来ること ただ信じればいいと

靄に霞む黎明の木々 天つ風にゆれて

静けき空に祈り遥か めぐみ芳しくて

※繰り返し

※※繰り返し

  • 作曲

    Marré

  • 作詞

    Marré

PAST INTO FUTUREのジャケット写真

HEAVENESE の“月降る夜”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

このアルバムは、2022年11月の段階でのHEAVENESEのベスト版だ。
英語の楽曲と日本語の楽曲を織り交ぜたインターナショナルな選曲になっている。

グラミー賞8回受賞のゴスペル界のレジェンドであるアンドレー・クラウチが、唯一プロデューサーとしてかかわった日本人バンドとして、シーラ・Eが立ち上げたStilettoflatsよりリリースされた米国デビューミニアルバム「Silk Road」に収録されている楽曲と、Avexyよりディストリビュートされたミニアルバム「Samurai Bridge」の収録曲に加え、新たにファンの間で人気の高い「もののふの義」「月降る夜」そして、2020年4月から始まったネット配信番組HEANESE styleのエンデイング曲「令和の唄」が加えられた全18曲。

レコーディング参加ミュージシャンも豪華だ。
アンドレ・クラウチ初め、R&B界の大物プロデューサーにしてアンドレの甥にあたるケニス・クラウチヤや、スムース・ジャズ界のグラミーウィナーであるカーク・ウェイラム、また、ブラック・ミュージック界で最も尊敬されているシンガーの一人でアンドレ・クラウチのクワイア・サウンドを知り尽くしていると言われるリンダ・マクレアリー、さらには、シーラ・Eもレコーディグに参加している。

アーティスト情報

  • HEAVENESE

    2012年10月、シーラ・Eが主催するStilettoflats Musicより米国デビュー。グラミー賞8回受賞のゴスペルレジェンド故アンドレ・クラウチがプロデュースを手掛けた唯一の日本人グループ。日米のみならず、中東のエルサレムやドバイ、アフリカはエチオピアの世界遺産聖地「ラリベラ」で世界初の公演を行なうなど、音楽外交使節団として活躍。 また、アフリカの北朝鮮と言われる独裁国家エリトリア政府からも招待され、エチオピア・エリトリア紛争解決の架け橋として和平に貢献した。国内においては、エンターテインメントなのに教育的効果があるライブを展開する唯一無二のエデュテイメント(教育+娯楽)一座。

    アーティストページへ

HEAVENESE COMPANY

"