PAST INTO FUTUREのジャケット写真

歌詞

Rendezvous

HEAVENESE

あなたなしで今の自分はないのに

当たり前すぎることも忘れて

まるで一人勝ち取ってきたつもりに

なっていたなんて馬鹿だね

異郷の風吹き抜けた後に

変わり果てた姿はつれなくて

涙雫がしみ込む桜は

乱れ乱れて美しすぎて

※いつまでもこのままいて

できるならこの時をとめて

儚すぎる Every day Rendezvous

言葉ならいらないから

見つめ合えば分かり合えるから

夢ならばもう醒めないで

もう二度と

浮世の風激しさを増しても

露の身は袖濡らさぬ暁に

異邦の民厭う黒髪の艶を

形見において まいりましょうね

※いつまでも離れないで

お願い誰も邪魔しないで

儚すぎる”夢追いランデヴー”

サヨナラは言わないから

倭の華はまた咲くから

今死んでも 泣かないで

もう二度と・・・

  • 作曲

    Marré

  • 作詞

    Marré

PAST INTO FUTUREのジャケット写真

HEAVENESE の“Rendezvous”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

このアルバムは、2022年11月の段階でのHEAVENESEのベスト版だ。
英語の楽曲と日本語の楽曲を織り交ぜたインターナショナルな選曲になっている。

グラミー賞8回受賞のゴスペル界のレジェンドであるアンドレー・クラウチが、唯一プロデューサーとしてかかわった日本人バンドとして、シーラ・Eが立ち上げたStilettoflatsよりリリースされた米国デビューミニアルバム「Silk Road」に収録されている楽曲と、Avexyよりディストリビュートされたミニアルバム「Samurai Bridge」の収録曲に加え、新たにファンの間で人気の高い「もののふの義」「月降る夜」そして、2020年4月から始まったネット配信番組HEANESE styleのエンデイング曲「令和の唄」が加えられた全18曲。

レコーディング参加ミュージシャンも豪華だ。
アンドレ・クラウチ初め、R&B界の大物プロデューサーにしてアンドレの甥にあたるケニス・クラウチヤや、スムース・ジャズ界のグラミーウィナーであるカーク・ウェイラム、また、ブラック・ミュージック界で最も尊敬されているシンガーの一人でアンドレ・クラウチのクワイア・サウンドを知り尽くしていると言われるリンダ・マクレアリー、さらには、シーラ・Eもレコーディグに参加している。

アーティスト情報

  • HEAVENESE

    2012年10月、シーラ・Eが主催するStilettoflats Musicより米国デビュー。グラミー賞8回受賞のゴスペルレジェンド故アンドレ・クラウチがプロデュースを手掛けた唯一の日本人グループ。日米のみならず、中東のエルサレムやドバイ、アフリカはエチオピアの世界遺産聖地「ラリベラ」で世界初の公演を行なうなど、音楽外交使節団として活躍。 また、アフリカの北朝鮮と言われる独裁国家エリトリア政府からも招待され、エチオピア・エリトリア紛争解決の架け橋として和平に貢献した。国内においては、エンターテインメントなのに教育的効果があるライブを展開する唯一無二のエデュテイメント(教育+娯楽)一座。

    アーティストページへ

HEAVENESE COMPANY

"