のジャケット写真

Soundview & Liaison Remaster

  1. Traffic
  2. Rush To The Bottom
  3. Haze The Scape
  4. Les Chinoises
  5. Lost In Reason
  6. Binary Synapse
  7. Under The Siren
  8. In The Heat Of The Night

ドイツのテクノレーベル KOMPAKT & hal9000 からリリースされたヴァイナル「Soundview」「Liaison」をDigital Remasterで再リリース。Soundview(2003年)発売当初、CISCOレコードで初登場7位にランクイン。ロンドンのFM局「XFM」においてヘビーローテーションとなる。翌年リリースされたセカンドアルバム Liaison(2004年)の初回プレス限定イエローカラーレコードは各国で即完売。ドイツの音楽誌 De:Bugで特集記事が組まれた。

TAKASHI TSUZUKI

東京でバンド活動、スタジオミュージシャンとして活躍後、広告業界に活動の場を広げる。多数のCM音楽を作曲、プロデュースし、“15秒”の 世界での映像、音楽表現を追求。一方で国内外のアーティストへの楽曲提供、およびTAKASHI TSUZUKI名義でのソロ活動も精力的に行っている。「未来の定番となる新しいHOUSE+TECHNOミュージック」を提唱し、変則的なBEATにロジカルなメロディーラインをのせたアレンジやRemixを得意としている。 Sound& Recording Magazine主催「コーネリアス リミックスコンテスト」にて入賞。UKレーベルのコンピレーションアルバム「Neon Fusions」(KeepDiggin)に「Backlight」が収録される。初のソロアルバム「Soundview」(KOMPAKT/hal9000)を発表し、CISCOレコードのテクノチャートにて初登場7位を獲得。ドイツの音楽雑誌DE:BUGなどでは、注目アーティストとして掲載される。 DIESEL-U-MUSIC 2004「エレクトロニック部門」にて金賞 を受賞。「Mix the Vibe」が DIESELから発売されたコンピレー ションアルバムに収録される。これを機にヨーロッパの複数レーベルからリリース、Remixの依頼が殺到した。 ロンドンのFM局XFMで「Soundview」がヘビーローテーションになる。そしてリリースされたセカンドアルバム「Liaison」(KOMPAKT/hal9000)の初回プレス限定のイエローカラーレコードは各国で即完売。発売後Third Year のオーナーから、デトロイトテクノを代表するDJ、Mike Clark (Detroit Beatdown/Planet E)とのライブセッションのオファーを受ける。またXFM内の番組では「Takashi Tsuzuki Mix2005」と題した特集が組まれ、数々のRemix作品が好評を博した。BBC主催のテムズ川でのイベントの出演オファーもうけ、旋風を巻き起こす。さらには坂本龍一がパーソナリティーをつとめる人気FM番組 「RADIO SAKAMOTO」のオーディションにて”et toi” が入賞を果たす。 2018年 Hiphopシーンの代表格 Future(フューチャー) の Remix制作に参加後、アメリカのフォーク・ロックバンド Bon Iver(ボンイヴェール)のRemixにも参加した。 Turn On The Lights (Future )Takashi Tsuzuki Remix(Apple Music) Michicant (Bon Iver)Takashi Tsuzuki Remix(Apple Music USA) 2003年からは名古屋芸術大学の講師として教鞭をとり、まさに国内外で幅広い活躍を見せる、作曲家、プロデューサーである。

アーティストページへ