和を以て

  1. あけぼの
  2. 田楽
  3. 大地の舞
  4. 天乞い
  5. 揉出し
  6. 揉の段
  7. 鈴の段
  8. 神生み
  9. 送り笛
  10. 神遊び
  11. 日月の譜
  12. 御穂神楽
  13. 弓流し
  14. 神降ろし
  15. 天上楽
  16. 神舞
  17. まほろばの國
  18. 倭舞
  19. お調べ
  20. 今様綾子舞
  21. 諫鼓
  22. 留魂譜

篠笛・能管を吹く、大拍子・太鼓・大太鼓・鉦を打つ、神歌を謡う、石山裕雅の音の世界を凝縮した渾身の一枚

石山 裕雅

無形文化財「武州里神楽」石山社中. 十世・裕雅は、家伝の神楽・江戸囃子・獅子舞のほか、能・邦楽・古事記・神事の学びを統合した芸能者として、古典の厳格な伝承と共に、様々なジャンルの一流演者と共演、更には縄文文明、アニメとの融合と伝統と革新に挑んでいる

アーティストページへ