Blue & Yellow (feat. オルガイリャシェンコ & ポリーナファウストヴァ)のジャケット写真

Blue & Yellow (feat. オルガイリャシェンコ & ポリーナファウストヴァ)

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

作曲家・クリエイターの谷 真人が平和を願い作曲した楽曲「Blue & Yellow」は、戦禍により活動が困難となったウクライナ人音楽家たちとネットで制作。CMや舞台音楽の作曲、アーティストへの楽曲提供、またアートワークなども手掛ける谷は、これまでに自作曲をプロデュースする手法として、
● 海外のクラウドソーシングのサイトを利用して世界中のアーティストをキャスティング
● 自身のディレクションのもと現地での録音/動画撮影を依頼し、データを送ってもらう
● 日本国内で編集し、楽曲とミュージック・ビデオを全世界に配信
といった他にはないユニークな手法でプロジェクトを展開中。これまでに13か国25人によるベートーヴェンの第九のポップス・アレンジ(英語歌詞)、スペイン人ロック・シンガーと日本人ソプラノ歌手による環境問題の歌(スペイン語歌詞)といった作品を数々リリースしています。

過去の参加者の中に、故郷ドネツクと活動拠点のハルキウを二度も追われることとなったヴァイオリニストIlyashenkoさんがいましたが、彼女の安否を心配した彼は、ウクライナの平和を願いクラシカルな映画音楽風の本楽曲を作曲。安全が確認できた後に演奏を依頼し、彼女の友人でハルキウ出身のチェロ奏者Faustovaさんにも声をかけてもらい、クラウドソーシングを通しての制作が実現しました。なおこの2人は現在国外に避難中、作品の完成を涙を流して喜んでくださいました。
また音源の最終作業はサウンド・エンジニアでリヴィウ在住のYavorivskyi氏に依頼、時にミサイルが着弾するという環境にありながらも全面的に協力してくださいました。

楽曲はヴァイオリン、チェロ、ピアノとストリングス・オーケストラで構成。優しい語り口による平和の歌は次第に感傷的なメロディーからエモーショナルな展開に。そして平和のテーマが再び高らかに響き渡り静かに終わります。なお配信による収益金の一部をウクライナ支援のために寄付いたします。

過去ランキング

Blue & Yellow

iTunes Store • インストゥルメンタル トップソング • 日本 • 3位 • 2022年7月19日

アーティスト情報

  • 谷 真人

    作曲家・ピアニスト・音楽プロデューサー・ヴォーカリスト・アートディレクター。音楽を軸に1人で何役もの顔を持つマルチな「音楽クリエイター」。ビジネスマンから転身したというユニークな経歴の持ち主。 東京外国語大学卒。外資系広告会社の営業マンを経て、パリ国際アマチュア・ピアノ・コンクールを機に、30代半ばにして遅咲きのクラシック・ピアニストに転身。 現在は音楽クリエイターとして、作曲活動をメインにクラシックからポップス、R&B、ジャズ、歌謡曲、EDMまで、さまざまなジャンルをクリエイト。CMなどのメディア音楽の作曲、アーティストへの楽曲提供(日野美歌、林部智史 他)、ミュージカル( 宮本亞門演出 他)などの舞台音楽で活躍中。 "Classic meets pops" というプロジェクトにて、クラシック曲をポップスやジャズにアレンジした楽曲をリリース中。オンラインで海外のアーティストをキャスティング&プロデュースしている。テレビなどのメディアにも多数出演中。JASRAC会員。

    アーティストページへ

LUCE