永遠に、たまにのジャケット写真

歌詞

夜に名前を

僕のレテパシーズ

夜になっても南からやって来た雨雲は終わらずに

引っ越しの最中の君の部屋には まだ何にも置いていないから

来ないガス屋を待つ 留守番の僕は

窓の外にずっと続く送電線と

雨の夜を走る電車を眺めてたら

こんな夜に名前をつけようと思ったんだ

ちょっと長いけど 以下名前

「誰かからの悲しみを悲しみのまんま

誰かからの憎しみを憎しみのまんま

誰かからの喜びを喜びのまんま

誰かからの愛を愛のまんま

次の誰かに渡すのが人間だけど

僕の友達はそれができずに病気って医者に言われて

国から毎月数万円もらってるけど

そのどちらにもならないで

悲しみも憎しみも喜びも愛も他の誰にも渡さずに

歌を歌うのが天使なんだから

歌手っていうのは天使って事なんだと思うんだ。」って名前にしよう

  • 作曲

    古宮大志

  • 作詞

    古宮大志

永遠に、たまにのジャケット写真

僕のレテパシーズ の“夜に名前を”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

永遠に、たまに

僕のレテパシーズ

僕のレテパシーズ3rdアルバム

アーティスト情報

  • 僕のレテパシーズ

    宮沢賢治やゴッホみたいに無名で死なせたくないランキング第1位のバンド (The top in the ranking of the music bands who should not die as unknown like Kenji Miyazawa or Gogh)

    アーティストページへ

"