トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

ユメノドリームは、テクノとブルースが見事に融合した、現代社会のモヤモヤを明るく吹き飛ばす一曲です。佐々木Kすけの独自のプロダクションと初音ミクの魅力的なボーカルが組み合わさり、積極的で前向きなエネルギーを聴衆に届けます。

テクノブルースの特徴的な電子的なサウンドが、メロディアスで感情豊かなブルースの要素と調和し、聴く者を新しい音楽の体験に誘います。歌詞は現代社会に潜む煙たい雰囲気を打破し、ポジティブなメッセージを届けることで、リスナーに希望と活力をもたらすでしょう。

ユメノドリームは、テクノブルースの魅力を最大限に引き出した一曲であり、佐々木Kすけと初音ミクのコラボレーションが創り出す独自の世界観をお楽しみいただけます。

アーティスト情報

  • 佐々木Kすけ

    バンド活動を経て一端音楽活動を休止し真面目に働き始める。 その後高校の同級生と再会してフォークデュオを結成し音楽活動を 再開。 2011年 5月16日 1時10分に佐々木Kすけ名義でDAWと初音ミク(重音テト)とギターを手に 取りニコニコ動画やyoutubeなどインターネット上にてソロ 活動を開始。 ブルース+ロック+テクノ+ 初音ミクという異常な組み合わせの楽曲を量産しながらアンダーグラウンドボカロジャパンシーンで『信号』『あば』『 腐りかけのパン』などの楽曲が一部のヘンな人達に高い評価を受ける。 2013年『出れんの!?サマソニ!?』 にエントリーしていた所を煮印不良品レコーディングスに発見され 、その楽曲の狂気的センス、 高いオリジナリティを認められ同レーベルに所属。 同年10月12日、 佐々木Kすけ名義での初にして狂気の傑作アルバム『Re:monkey』 をフリー配信でリリースしネット上でそこそこ話題になる。 11月16日、クラブイベント『Dope Up !』 にてレーベル代表の意向により無理矢理初ライブを敢行させられる 。 楽曲以外にも新都社及び週刊少年ワロスでのWEB漫画製作、 自作のPVやアートワークなどのトータルイメージを一人で製作し、ヘタウマの境地とも言えるスカムとポップの見事な融合を果たす。 ​その後アルバムを4枚くらい出す。小手指でライブする。​bayFMで曲がかかり喜ぶ。 2018年5月13日、佐々木KすけⅡ世となる。 2018年10月11日、佐々木Kすけに戻る。 2019年2月10日、神保町美学校FLAT402ライブ出演。 病弱。 個展を開いたり絵も描く。

    アーティストページへ


    佐々木Kすけの他のリリース

ささささや