トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

国内外で活動するピアニスト重松壮一郎の3rdアルバムにして、初期代表作。2017年のリマスタリング・バージョン。音のひと粒ひと粒が、いのちひとつひとつという瑞々しい音が溢れたアルバム。ライブでも人気の「息をして」「水滴のダンス」「祈り」などのスタジオ録音に加え、ライブでの即興演奏、森の中での鍵盤ハーモニカ演奏なども収録。生きとし生けるもの全ての「いのち」との共鳴によって、紡ぎだされた音。

過去ランキング

いのちの音

iTunes Store • ニューエイジ トップアルバム • 日本 • 3位 • 2020年5月10日

水滴のダンス

iTunes Store • ニューエイジ トップソング • 日本 • 5位 • 2020年5月21日

アーティスト情報

  • 重松壮一郎

    大阪生まれ、横浜育ち。長崎在住。早稲田大学卒。 即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、全国・海外にて年間150回近いライブを行う。アメリカ、オーストラリア、タイ、ヨーロッパなど海外でも多数公演。 「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマにしたオリジナリティ溢れる楽曲、人と自然をつなげるようなオーガニックな音色は、ジャンルや世代、国境を越え、人々を魅了し続けている。 アート・イベント、野外音楽祭、子ども向け音楽ワークショップなど多くのイベントを主催。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画、原爆の語り部とのコラボレーション、原爆をテーマにした楽曲の制作など、音楽を通じた平和活動も積極的に行う。 アルバム「tsumugi」「いのちの音」「このほしのうた」「こどものじかん」、シングル「僕がいたこと」「もくもくのうた」「ショートカットの女の子」は、iTunes、Amazon等にて、好評配信中。 コロナ以後は、重松壮一郎 YouTubeチャンネルでのライブ配信、Podcastにてネットラジオ「Soso’s Radio」配信、子どもたちのとの楽団活動、音楽劇「共生する音楽」の公演など、困難な状況だからこそよりクリエイティブに、精力的な活動を展開中。

    アーティストページへ


    重松壮一郎の他のリリース

mizunoe