a perfect day for a funeralのジャケット写真

a perfect day for a funeral

Anoice

リリース予定日

2021-07-02

リリース予定日以降、こちらに配信ストアへのリンクが表示されます。

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

物語は、葬いの日に始まる。

2021年9月17日にリリースされるダークでシネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルミュージックバンドAnoice待望のニューアルバム「The Hidden Forest」より、先行ファーストシングル「a perfect day for a funeral」が、7月2日、デジタル配信限定でリリース。

この楽曲はアルバム「The Hidden Forest」の2曲目に収録されており、ピアノと、2本のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで構成された弦楽カルテットによって奏でられるアルバムのサブテーマメロディー、そして静かに、かつ破壊的に奏でられるギターやオルガンのノイズが特徴の儚いポストクラシカル曲。美しくも残酷なThe Hidden Forestの世界を象徴する名曲です。

アーティスト情報

  • Anoice

    東京を拠点に活動するマルチインストゥルメンタリスト、木戸崇博: Takahiro Kido, 村田有希: Yuki Murata, 藤原歌花: Utaka Fujiwara, 吉川忠志: Tadashi Yoshikawaによる、ダークでシネマチックな音楽を制作するインストゥルメンタルミュージックバンド。バンド名であるAnoice(アノイスと発音)はYuki Murataによって命名され「ひとつのノイズ」という意味を持つ。 2006年、ボストンのImportant Recordsよりファーストアルバム「Remmings」でデビューして以来、ソニックユース、坂本龍一、植松伸夫、クリスチャン・フェネスなど、世界中のアーティストから高い評価を得る。2012年には、壮大なオーケストレーションと鮮烈なノイズによる破壊的なまでに美しいサウンドスケープで構築されたサードアルバム「The Black Rain」を自身が設立 した音楽制作事務所であるRicco Labelに加え、Important Records(アメリカ)とFlowers Blossom In The Space(ロシア)より全世界リリース。世界中の音楽メディアの年間ベストアルバムスに選出される。また、収録曲「ripple」をサンプリングしたロシアのヒップホップアーティストMiyaGiの楽曲は、YouTube再生数が4,000万回を超えた。 2015年にはロンドン、パリ、ワルシャワ、モスクワなど、世界を股に制作された4枚目のアルバム「into the shadows」をリリース。収録曲「old lighthouse」のSpotify再生数が当時、日本人アーティストとしてトップとなる100万回を記録。同じく、収録曲である「invasion」をエンドロールに使用したRobin Bain監督映画「Girl Lost」はAmazon Prime(アメリカ)の月間視聴チャートで1位を記録した。2017年には、アンビエントなトラックをまとめたコンピレーションアルバム「selected works」を1631 Recordings(スウェーデン)とユニバーサルミュージックを通じてリリースし、ヨーロッパとアジアを中心にライブツアーも行っている。 2019年5月にはシングルを3週連続でリリースし、8月には5枚目のアルバム「Ghost in the Clocks」をリリース。サードアルバム「The Black Rain」のその後を描いた、壮大な世界観と美しく情熱的なサウンドに仕上がっており、アメリカの音楽レビューサイトThe Silent Balletやa closer listenによる「2019年トップ10アルバム」に選出され、アメリカ、カナダ、ノルウェー、フィンランド、ドイツ、スペイン、ロシア、ベラルーシ、ハンガリー、ラトビア、カザフスタン、モンゴル、イスラエル、チリ、シンガポール、そして日本のApple Music/iTunes Storeでストリーミング数、及びダウンロード数で1位、またはトップ10を記録した。また、モスクワにて総勢30人のオーケストラとともに、Anoice、及びAnoiceのメンバーのソロプロジェクトであるTakahiro KidoとYuki Murataの楽曲をレコーディングした初のオーケストラアルバムを制作。アジアと北米でのコンサートツアーも企画している。 2020年、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響により全てのライブツアーの中止を決定した直後に4thミニアルバム「invisible wall」をリリース。Anoiceのサイドプロジェクトであるダークファンタジーミュージックユニットfilmsで独自の言語を使用する同名ヴォーカリストfilmsとエレクトロニカユニットmatryoshkaのヴォーカリストであるcaluが参加した、静かでダークな楽曲を中心に構成した「今しか表現できない」作品に仕上がっている。 2021年には過去最長の制作期間を経て制作された6thアルバム「The Hidden Forest」をリリース。画家、岡田尚子の描く17枚の森の絵からインスピレーションを得て制作され、その17枚の各絵と同じタイトルを付けられた17曲、計72分にも及ぶ楽曲を収録しており、そのアルバムは通常版ジュエルケースCDに加え、17枚の絵をA4サイズの特注ボックスに収納した数量限定版としてもリリースされた。 また、AnoiceはメンバーであるTakahiro KidoとYuki Murataのソロプロジェクトに加え、RiLF(Anoiceとmatryoshkaのヴォーカリストcaluによるオルタナティブロックバンド), films(Anoiceと2人の女性ヴォーカリストによるダークファンタジーミュージックプロジェクト), mizu amane(filmsによる日本語の古語を特徴としたサイドプロジェクト), mokyow(Takahiro KidoとTadashi YoshikawaにキーボーディストKenichi Kaiが加わったインストロックバンド), cru(Takahiro KidoとYuki Murataによるエクスペリメンタルクラシカルユニット)などの多くのサイドプロジェクトやシークレットプロジェクトを持ち、それぞれの作品をRicco Label, Important Records, 1631 Recordings, PLOP, noble label, SHOCHIKU RECORDSなどのレーベルからリリース。その作品はBBC(イギリス)やナショナルジオグラフィック(アメリカ)などでも頻 繁に使用され、Takahiro Kidoのソロアルバム「Fleursy Music」はドイツのエレクトロチャートにて8位を記録した。 加えて、Anoice、及び各メンバーは、Armani, Louis Vuitton, Google, YAMAHA, TOYOTA, Johnnie Walker, Ballantine's, JAXA, Heintz, Ferring Pharmaceuticalsなど、国内外の様々な企業や団体のCM音楽制作を担当。また、遠藤尚太郎監督「Tusikiji Wonderland」やCan Evgin監督「Olivier Zahm : Digital Provacateur」やRobin Bain監督「Girl Lost: A Hollywood Story」などの映画、及びNHK「自閉症の君が教えてくれたこと」やDorothée Lorang/David Beautru監督「Hikikomori: A deafening silence」や御法川修監督「ダブル・ファンタジー」などのテレビ番組の音楽を手がけ、ヴェネチア国際映画祭短編映画、イタリア賞、文化庁芸術祭、クールジャパンマッチングフォーラム、日本映画批評家大賞など、国内外で受賞。Anoiceが擁する2人の作曲家であるTakahiro KidoとYuki Murata自身も札幌国際映画祭にて最優秀作曲家賞を受賞。Yuki Murataはピアニストとしても、ピティナグランミューズや国際ピアノデュオコンクールなどの多くのクラシックピアノコンクールにて優勝、受賞している。 さらに、Anoiceは東日本大震災やハリケーンサンディーなどの災害復旧イベントや、インドピースプロジェクトなどのチャリティー活動にも参加し、音楽を制作することで貢献している。

    アーティストページへ

Ricco Label