Let There Be House

  1. Let There Be House
  2. Let There Be House (Extended Mix)

Another collaboration of "DAISHI DANCE" and "LUKE DB" is out!
New tune "Let There Be House" will be out on June 29!!

The first collaboration of DAISHI DANCE and the talented Italian house music producer LUKE DB has first collaborated with the famous house music"Strings of Life".
Their 2nd collaboration "Let There Be House" has a melody that has a sick 90's vibe mixed with aggressive groove house beat!
Check it out!

Latest Playlist In

Let There Be House

Spotify/Electropolis

Past Rank In

Let There Be House

iTunes Store/ダンス トップソング/日本/47位/2020年7月1日

Let There Be House (Extended Mix)

iTunes Store/ダンス トップソング/日本/94位/2020年6月29日

Past Playlist In

Let There Be House

Spotify/Tokyo Club Beat/2020年7月3日

DAISHI DANCE

札幌を拠点に活動するDJ/PRODUCER。TRIBAL、OLDSCHOOL、MELODICなHOUSEからマッシブなEDMまでその時代で最もアップリフティングなダンスミュージックを軸に、4台のCDJを駆使した様々なジャンルを横断する唯一無二のプレイスタイルとオリジナルアイテムを使ったパフォーマンスでダンスフロアに強烈なピークタイムと一体感を創り出す。幅広い選曲とエンターテインメント性溢れるプレイを武器にDJ GIGは年間200回以上にも及ぶ。 一方で、プロデューサーとしてはピアノやストリングスを軸としたメロディアスな楽曲プロデュースが特徴的で、2006年に「the P.I.A.N.O. set」で日本と韓国で同時デビューして以降ハイペースでたくさんのアルバムをリリースし、アルバム累計100万枚以上のセールスを記録している。なかでもスタジオジブリ作品の名曲をハウスカバーしたアルバム「the ジブリ set」シリーズは異例の大ヒット、驚異的なロングセールスとなりクラブシーンの枠組みを越えDAISHI DANCEの名を広く知らしめることとなった。独自の哀愁メロディと日本の伝統和楽器とのコラボレーションも大きな特徴となっている。また、インターナショナルレーベルからのリリースや海外ヘッドライナーのREMIXなど国内外様々なアーティストのプロデュース、コラボレーションも精力的で、プロデュースワークではJ-POPアーティストのみならず、BIGBANGの代表曲Haru HaruやMY HEAVENをプロデュースするなど海外アーティストへの楽曲提供も多数行っている。

Artist page

LUKE DB

Resident dj at HOLLYWOOD RHYTHMTEQUE (Milano - Italy) Winner in 2015 of DANCE MUSIC AWARDS (Italy) as BEST MASHUP . Chief of DBMAFIA , an italian dj/producers 'group that produce mashups & bootlegs. He was born in 1977 and he started to play music when he was 11 years old. He is famous all over the world for his mashups & bootlegs that you can find on his Soundcloud & Demodrop official pages , he is supported by important national & international Radios and Radio Shows as

Artist page

HANABI RECORDINGS