舌鼓

  1. 廻演
  2. わ道
  3. すぐそこ→あけぼの↑
  4. 爆ぜる。
  5. もがくものたち
  6. アルヒ
  7. 波どっこい。
  8. 分水嶺
  9. ↑祭↑
  10. 囚われの向こう (ONE SHOT REC ver.)

俺は今ドラムじゃなく太鼓を選んだ。それには理由がある。
俺たちのハートビートだ。太鼓とマイク。さあ何をやる?太鼓に乗せたら面白そう――そんな瞬間的なひらめきをきっかけに始動したHUNGERのセカンド・ソロアルバム。雅楽の音色とともにスタートする本作は、「俺は今、ドラムじゃなく太鼓を選んだ。それには理由がある。俺たちのハートビートだ」と述べられているように、ひらめきは制作とともにモチベーションへと姿を変えたことがうかがえる。規則的なワンループの美学を持つヒップホップとは打って変わり、元来太鼓の持ち味でもある変則的、かつエネルギッシュな打ち込みに呼応するHUNGERのラップは、予想以上に爆ぜまくる。また、和太鼓独特の“間”が活きたトラックだからこそ、HUNGERのフロウも滑らかに律動を刻む。
 新型コロナウイルスの影響で、全国津々浦々で開催予定だったお祭りも延期や中止が余儀なくされるなか、新しい祭りの形を提示した本作。「ヒップホップはパーティだ」――そんなヒップホップカルチャーの根底に流れる要素で作り上げられたことも、きっと彼の無意識から生まれた本能の一種。HUNGERが“囚われの向こう”に見つけた回答に、今こそ舌鼓を打ってみたい。

※ジャケットデザイン
京都を拠点に活動するグラフィックデザイナー三重野龍と、多くの松竹梅レコーズ作品を手がけてきたErykah、両氏が担当。

※ミックス・マスタリング
Studio MSRエンジニア奥田泰次が担当。

<HUNGER 2017年以降客演参加作品>
RHYMESTER / 爆発的 feat. サイプレス上野 & HUNGER(2017)
doooo / Time Again feat. HUNGER(2017)
6th Generation / Authentics feat. Skyzoo & HUNGER(2017)
6th Generation / Stay UP feat. IO & HUNGER(2017)
サイプレス上野とロベルト吉野 / RUN & GUN pt2 feat. BASI & HUNGER(2018)
SKY-HI / NameTag -Remix- feat. Ja Mezz & HUNGER(2018)
TSUBAME / DREAMER feat. mabanua & HUNGER(2019)
Kick A Show / A Little Bit Of Summer feat. HUNGER(2019)
WATT / DARE feat. HUNGER & ポチョムキン(2019)
DJ TO-RU / Rain feat. DUJADA & HUNGER(2019)
DJ TO-RU / Freedom feat. DUJADA & HUNGER(2019)
Moment Joon / Losing My Love feat. HUNGER(2020)
DJ JUCO / SPACE EAGLES feat. HUNGER & 弗猫建物(2020)
KGE THE SHADOWMEN / ミラーニューロン feat. GOCCI, HUNGER(2020)

===================
<レギュラー出演中>
ABEMA TV “ラップスタア誕生”シーズン1~4 審査員レギュラー出演
DATE FM(エフエム仙台)”SOUNDGENIC”水曜17:35~レギュラー出演

HUNGER

HUNGER (ハンガー) 仙台拠点のヒップホップユニット”GAGLE”のMC。雪国育ち。ラップの可能性をハングリーに追求する北の異端児。ライブを軸にした粘り強い活動で着実に信頼を獲得。日本のヒップホップクラシックとの呼び声が高い「雪ノ革命」「屍を越えて」etc… 名曲を生み出した。2016年には旅とセッションをコンセプトとしたアルバム「SUGOROKU」をリリース。近年はラジオ番組のMC、審査員などマルチな活動でヒップホップカルチャーの普及に貢献。2003年より「松竹梅レコーズ」を主宰。地元仙台のアーティストの音源制作や海外のアーティストとの連携プロジェクト。現在まで100作品以上リリースしている。2020年夏「和太鼓とラップ」をコンセプトに制作したセカンドアルバム「舌鼓」をリリース予定。

アーティストページへ

松竹梅レコーズ