菜の花のジャケット写真

歌詞

脇役

吉村美和子

あの子の笑い声が

耳障りに感じた日

私は物語の

脇役になった

あの子は笑っていた 黄色い声で

あの子みたいに私は 笑えない

主役になるために私は

何ができるかな?

私は毎日私を 超えていこう

あの子は笑っている

周りなんてお構いなしで

私は物語の 脇役のまま

私は昨日とは 変わってるかな?

あの日の私を 超えたい

主役になるために私は

あの日を超えて

私はあの日の自分を 超えていこう

主役になるために私は…

私は毎日私を‥

主役になるために私は

何ができるかな?

私は毎日私を

超えて 超えていこう

  • 作曲

    吉村美和子

  • 作詞

    吉村美和子

菜の花のジャケット写真

吉村美和子 の“脇役”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

山形県出身在住のシンガーソングライター&デザイナー吉村美和子の2ndミニアルバム。
シンプルな弾き語りサウンドだった前作から一転、今作は、ほぼ全曲バンドサウンドにアレンジされ、ライブでは、お馴染みの曲たちがより一層の輝きを放ってくれています。
ネットでのデータやり取りのみで完結したレコーディング音源です。

大切な人との出会いと別れを歌った「僕の世界」、憧れのアーティストに向けた「菜の花」、自分やみんなへの応援歌「脇役」、ストーリー仕立てのラブソング「晴れ女と雨男(feat.郷野結)」、限りある人生の中で音楽を奏でる人たちの歌「あと何年(feat.青木崇)」、友人に向けて作った「幸せになれよ」、コロナ禍での想いを綴った「おこもり」の全7曲収録。

アーティスト情報

  • 吉村美和子

    山形県出身、シンガーソングライター。 2016年にアコースティックギターを始め、8月からライブ活動開始。 相棒の黒J45ギブ子と共に山形・福島・宮城を中心に活動中。 ユニット「Nidone Times(w郷野結)」としても活動中。 1stミニアルバム「鳥に」 2018年9月発売。 2ndミニアルバム「菜の花」 2022年5月発売。 2020年2月 スガシカオさんのライブツアー「Hitori Sugar Tour 2020」仙台Rensaにてオープニングアクトを務める。 デザイナー兼ディレクターとしても活躍中。

    アーティストページへ

Nidone records

"