菜の花のジャケット写真

歌詞

晴れ女と雨男 (feat. 郷野結)

吉村美和子

晴れ女の私にだって

雨の日もあるよ

傘もささずに

一人濡れていた

悲しいことあったわけじゃないけど

何だか 今日は

雨に紛れて 濡れていたいの

そんな私に 傘をさしてくれたのは

雨男の君でした

ずぶ濡れの私を乾かしたのは

雨男の君でした

晴れ女と雨男 二人ならきっと

ちょうど良いね

晴れ女と雨男 二人だからきっと

ちょうど良いね

晴れ女と雨男 傘の隙間から覗いた

遠く見える 七色が綺麗でした

  • 作曲

    吉村美和子

  • 作詞

    吉村美和子

菜の花のジャケット写真

吉村美和子 の“晴れ女と雨男 (feat. 郷野結)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

山形県出身在住のシンガーソングライター&デザイナー吉村美和子の2ndミニアルバム。
シンプルな弾き語りサウンドだった前作から一転、今作は、ほぼ全曲バンドサウンドにアレンジされ、ライブでは、お馴染みの曲たちがより一層の輝きを放ってくれています。
ネットでのデータやり取りのみで完結したレコーディング音源です。

大切な人との出会いと別れを歌った「僕の世界」、憧れのアーティストに向けた「菜の花」、自分やみんなへの応援歌「脇役」、ストーリー仕立てのラブソング「晴れ女と雨男(feat.郷野結)」、限りある人生の中で音楽を奏でる人たちの歌「あと何年(feat.青木崇)」、友人に向けて作った「幸せになれよ」、コロナ禍での想いを綴った「おこもり」の全7曲収録。

アーティスト情報

  • 吉村美和子

    山形県出身、シンガーソングライター。 2016年にアコースティックギターを始め、8月からライブ活動開始。 相棒の黒J45ギブ子と共に山形・福島・宮城を中心に活動中。 ユニット「Nidone Times(w郷野結)」としても活動中。 1stミニアルバム「鳥に」 2018年9月発売。 2ndミニアルバム「菜の花」 2022年5月発売。 2020年2月 スガシカオさんのライブツアー「Hitori Sugar Tour 2020」仙台Rensaにてオープニングアクトを務める。 デザイナー兼ディレクターとしても活躍中。

    アーティストページへ

  • 郷野結

    アーティストページへ

Nidone records

"